横河ソリューションサービスの成果シェア型最適操業支援サービス「DDMOnEX」が日本製紙石巻工場に採用 ~生産効率向上とエネルギーの有効活用による最適操業を支援~

2018年5月21日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社で国内の制御事業を担う横河ソリューションサービス株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:村井 哲也)は、目標とする品質を確保しながら生産コストを最小化する、同社の最適操業支援サービス「DDMOnEX」が、日本製紙株式会社 石巻工場に採用されましたのでお知らせします。

 日本製紙の石巻工場は、木材パルプ1,820トン/日、古紙パルプ600トン/日の生産能力をもつ、同社の基幹工場です。パルプ製造工場では、パルプの材料となる木材チップの種類の変更、生産量の増減などの生産条件の変更があるなかでも、蒸解の度合いを安定させてパルプ収率を上げ、生産効率を向上させることと、エネルギーの効率利用を両立させることが求められています。石巻工場では、こうした状況において、工場全体での操業最適化を実現していくにあたり、横河ソリューションサービスの最適操業支援サービス「DDMOnEX」を採用しました。
 「DDMOnEX」は、品質を確保しながら生産コストを最小化する最適操業支援サービスです。過去の良好な運転実績から作成したモデルを用いて、実際のプラントの運転データを取り込み最適な運転パラメータを算出するシステムを構築し、一定の品質を保ちながら材料、添加剤、水や燃料などの費用を最小化するために必要な制御設定値を算出して、オペレータへのガイダンスとして伝えます。削減の効果額をお客様と横河ソリューションサービスで分け合う成果シェア型のサービスです。
 運転データは、お客様プラントの遠隔監視が行えるYOKOGAWAの高信頼通信ネットワークを通じてYOKOGAWAサーバのDDMOnEX上に取り込まれ、DDMOnEXは最適な設定値を算出してお客様にフィードバックします。お客様とYOKOGAWAとのコミュニケーションには、横河ソリューションサービスの価値共創環境「GRANDSIGHT™」が活用されます。「GRANDSIGHT」は、テレビ会議やスケジュール共有などのコミュニケーション機能、データストア、ナレッジデータベース、プロジェクト管理機能、保守・メンテナンス支援機能、アプリケーションソフトウエアの開発・実行環境を備えており、YOKOGAWAとお客様、パートナー企業が、安全かつ効率的にプロジェクトを進め、ソリューションを設計・開発し、運用することを可能にします。
 横河ソリューションサービスは、最適操業支援サービス「DDMOnEX」の提供を通じて、お客様の課題解決に貢献し、新たな価値の創造を目指してまいります。

※ 蒸解:
木材チップを薬品釜に入れ、高温・高圧処理をしてパルプを取り出す工程。

DDMOnEXとは

 「DDMOnEX」は、品質を確保しながら生産コストを最小化する、成果シェア型の最適操業支援サービスです。過去の良好な運転実績から作成したモデルを用いて、実際のプラントの運転データを取り込み最適な運転パラメータを算出するシステムを構築し、一定の品質を保ちながら材料、添加剤、水や燃料などの費用を最小化するために必要な制御設定値を算出して、オペレータへのガイダンスとして伝えます。モデル化の技術には、横河電機が開発した、プラントの運転実績データから設備モデルを自動的に作成できるDDMO(Data Driven Modeling for Optimization:データ駆動型プラント最適化モデリング技術)を採用しています。ポテンシャル診断、システム導入、効果検証、必要に応じてモデル修正というサイクルを回し、お客様の操業を継続して支援します。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

関連製品&ソリューション

DDMOnEX 最適操業支援サービス

目標品質を保ちつつ生産コストを最小化できるプラントの操業バランスを探し、その操業の実現と継続を支援します。

 

トップ