アメリカにアーキテクチャ開発室カリフォルニアを開設 ~Industrial IoTを活用し制御ビジネス拡大へ~

2016年11月4日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、アメリカカリフォルニア州にIndustrial IoT(IIoT)のアーキテクチャを専門に開発する組織として、アーキテクチャ開発室カリフォルニアを11月1日に開設しましたのでお知らせします。

 IIoTを活用して経営効率を向上し、生産性を高めていくため、堅牢かつ柔軟な仕組み(アーキテクチャ)が必要になります。このため、当社はマーケティング本部事業開発センターの傘下にアーキテクチャ開発室カリフォルニアを設立しました。IIoTの分野は日々新しい技術が生み出されていることから、IT関連企業が集まり、研究開発が活発な米国西海岸に本拠を置き、パートナー企業と密接に連携しながら開発を進めていきます。まずは、YOKOGAWAのシステムやサービスを熟知した当社のエンジニアと、アメリカで採用したITに精通したエンジニアとの混成チームで活動を開始し、コア技術の開発を進めていきます。オフィスは当面、パートナー企業のエンジニアリングオフィスに置き、2017年4月には自社オフィスを構える予定です。

 今後は、IIoTやクラウドコンピューティングを活用したサービスを企画する機能を追加し、5年後には50人の体制を目指します。最先端の開発現場で、アーキテクチャの開発を加速し、お客様に、より安心で使いやすいIIoT基盤の提供を目指します。

アーキテクチャ開発室カリフォルニア

英文名称 Architecture Development Division California
所在地  アメリカカリフォルニア州
設立年月 2016年11月1日
事業概要 IIoTアーキテクチャの開発

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

トップ