【横河メータ&インスツルメンツ】高性能光ファイバ試験器「AQ7280 OTDR」シリーズのラインアップ拡充

2016年6月21日発表

 横河メータ&インスツルメンツ株式会社(本社:東京都武蔵野市、社長:山崎 正晴)は、光ファイバの敷設工事や保守作業の現場で広く用いられる高性能光ファイバ試験器「AQ7280 OTDR」シリーズのラインアップを拡充、6月22日から販売を開始しますのでお知らせします。

 「AQ7280 OTDR」シリーズは、本体とOTDRユニットで構成されており、今回は、OTDRユニット「AQ7283J」、「AQ7283E」および「AQ7282G」の3種類を発売します。当社は、お客様のニーズに対応したラインアップの拡充でお客様の選択肢を増やし、光通信関連市場でのビジネスを拡大しています。

「AQ7280 OTDR」シリーズ
「AQ7280 OTDR」シリーズ

開発の背景

 スマートフォンの普及や動画配信などで大量のデータがやり取りされるようになり、高速で大容量のデータ通信が可能な光ファイバ通信網の導入・整備が世界規模で進められています。OTDR(Optical Time Domain Reflectometer)は、光ファイバの敷設工事やその保守作業において、光ファイバの長さや損失の測定、障害箇所の特定に使用されています。当社の「AQ7280 OTDR」シリーズは、大都市間の幹線系、都市間のメトロ系、電話局から加入者間のFTTHをはじめとするアクセス系まで幅広い光ネットワークの敷設工事や保守作業に用いられ、信頼性と優れた操作性がお客様に評価されています。

 今回当社は、光ファイバメーカが生産ラインで行っているケーブルの評価作業を現場でも行いたい、通信中の光ファイバケーブルを測定したい、という現場の作業員の最新ニーズに対応した3種類のOTDRユニットを開発、発売します。

新製品の特長

  1. OTDRユニット「AQ7283J」
     「AQ7283J」は、水酸基(OH基)が吸収される波長1383ナノメートル(nm)の光信号損失の度合いを測定するモデルです。近年、高速で大量のデータを送信するために、波長の異なる光信号を同時に伝送する、CWDMなどの波長分割多重(WDM)伝送方式が普及しています。しかし、光ファイバケーブルにはごく微量の水分が含まれており、OH基が吸収される波長付近の帯域の利用ができません。この帯域も通信に利用し、より多くの波長の光信号を伝送できるように、OH基を低減した低OH損失ファイバの生産が増えています。また、従来型の光ファイバケーブルを敷設した箇所にもWDM伝送方式を導入できるかどうか、現場で測定したいというニーズも増えています。新製品「AQ7283J」は持ち運びが可能で、低OH損失ファイバ工場でも現場でも容易にOH基による光吸収の度合いを測定できます。
  2. OTDRユニット「AQ7283E」
     「AQ7283E」は、通信中の光信号(現用光)カットフィルタを内蔵しているため、通信中の光ファイバケーブルを測定することができます。  通信中の測定には、現用光に影響を与えない、保守波長と言われる長めの波長の光信号が使用されます。近年採用が増えている光通信方式では保守波長領域に近い長めの波長も通信に利用されるようになっています。新製品「AQ7283E」の保守波長は、1625nm(±10nm)の高精度な光信号のため、通信中の光信号に影響を与えることなく測定することができます。
  3. OTDRユニット「AQ7282G」
     FTTHの光ファイバケーブルの敷設確認に必要な3波長に特化したモデルです。当社従来製品である、ファイバの曲り箇所を特定できる波長も加えた4波長モデルと比較して、導入時のコストを低減できます。

新製品ラインアップ

型式 波長(nm) 用途
AQ7283J 1310/1383/1550/1625 光ファイバの生産ライン・光ファイバケーブル加工工程の品質評価、FTTHをはじめとするアクセス系でCWDM伝送方式の導入診断
AQ7283E 1310/1550、1625 メトロ系、FTTHをはじめとするアクセス系の工事・保守用、保守波長対応(現用光カットフィルタ内蔵)
AQ7282G 1310/1490/1550 メトロ系、FTTHをはじめとするアクセス系の工事

主な市場

通信事業者、通信工事会社、光ファイバメーカ

主な用途

光ファイバ敷設工事や保守作業における品質評価
光ファイバの損失特性や障害位置の特定
光ファイバの生産ライン・光ファイバケーブル加工工程の品質評価

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

トップ