インド大手バーラト石油のトラックターミナル向け監視制御システム受注

2015年10月9日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社であるヨコガワ・インディア(本社:バンガロール 社長:村田 努)は、インドの大手石油・ガス会社であるバーラト石油(BPCL)から、同社の石油や潤滑油の輸送拠点である11カ所のトラックターミナルを監視・制御するシステムを7億3,000万ルピー(約1,100万USドル)で受注しましたのでお知らせします。

 今回ヨコガワ・インディアは、インドの北部と東部にあるBPCLのトラックターミナルの入出荷設備や貯蔵タンクの監視、制御を行う、ターミナル・オートメーション・システム(TAS)として「Terminal Logistics Suite VP™(ターミナル・ロジスティックス・スイート・VP)」と、安全計装システム「ProSafe®-RS(プロセーフ・アールエス)」を11カ所あるターミナルに納入し、エンジニアリング、据付、試運転を行います。「Terminal Logistics Suite VP」は、石油・ガスターミナルの貯蔵施設や入出荷設備の監視、制御から在庫管理、品質管理、スケジュール管理に至るまでトータルにターミナル操業の最適化を支援するソリューションです。プロジェクトの遂行にあたっては、TASを担当する日本やシンガポールにあるYOKOGAWAグループの拠点と連携し、お客様にとって最適なシステムの構築を目指します。BPCLのトラックターミナルは、2016年3月までに稼働する予定です。

 BPCLのトラックターミナルに関するプロジェクトには、最先端の技術を用いることと、石油・ガス貯蔵施設の安全対策ガイドラインである、M.B.Lal委員会発行の勧告書に沿った安全性の高い製品を納入することが求められます。今回、ヨコガワ・インディアが受注できた主な要因としては、安全を重視し、お客様の視点に立った提案内容と、製品、エンジニアリング、据付、試運転に関して高品質を追求するYOKOGAWAの姿勢が挙げられます。

 YOKOGAWAは、中期経営計画「Transformation 2017」で、制御事業の基本戦略としてエネルギーサプライチェーン全体における事業拡大を掲げています。YOKOGAWAには、石油・ガスのプラントと消費地を中継するターミナル分野で培った豊富な経験があります。今回の受注を機に、「Terminal Logistics Suite VP」をはじめとする、ターミナル操業を最適化するソリューションを積極的に提案し、エネルギーサプライチェーン全体への制御ビジネス拡大に努めます。

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

トップ