調節計「UTAdvanced」シリーズ、盤内取り付け型と1/8DINサイズの調節計のラインアップ拡充

2015年4月10日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、調節計「UTAdvanced®(ユーティーアドバンスト)」シリーズのラインアップを拡充、4月13日から発売しますのでお知らせします。
 今回は、ディジタル指示調節計の盤内取り付け型(DINレール取り付け型)4種類を追加するとともに、1/8DINサイズの調節計のラインアップを強化しました。当社は、お客様の最新のニーズに対応する製品を継続的に発売してお客様の選択肢を広げ、調節計ビジネスのさらなる拡大を図ります。

※ DIN:
ドイツ規格協会(Deutsches Institut fur Normung e.V.)が制定する工業規格
1/8DINの前面外形寸法は、48mm(幅)×96mm(高さ)

UTAdvancedシリーズ
UTAdvancedシリーズ
右:DINレール取り付け型調節計
右から2番目:1/8DINサイズ調節計
右から3番目:1/4DINサイズ調節計
左:1/8DINサイズ指示警報計

開発の背景

 調節計「UTAdvanced」シリーズは、工業炉など熱処理を行う各種産業用装置に組み込まれ、温度、圧力、流量や装置の運転状況などを測定、表示、制御する機器です。

 近年、装置の設定、操作、表示機能は装置盤面のタッチパネルに集約し、PLC(プログラマブルコントローラ)など他の組み込み制御機器とともに調節計が装置の盤内に取り付けられることが増えています。今回当社は、表示機能がない、盤内に取り付けやすい調節計へのニーズに対応しました。

 また、「UTAdvanced」シリーズのサイズ展開は、1/4DINサイズと1/8DINサイズの2種類です。大型表示画面で視認性が高く、入出力点数が多いことで1/4DINサイズの調節計が特に好評です。今回は、設置スペースが限られている装置にも幅広い用途で導入できるように1/8 DINサイズの調節計のラインアップを強化しました。

特長

  1. DINレールに取り付けられる調節計4種類を追加
    ディジタル調節計「UT55A」「UT52A」「UT35A」「UT32A」の4種類に関して、表示機能のない盤内取り付け型を新たに開発しました。世界的に広く採用されているDINレールに対応した着脱方式のため、装置の盤内に簡単に取り付けることができます。
  2. 1/8 DINサイズのラインアップを拡充
    1/8DINサイズのプログラム調節計「UP32A」を追加しました。1/8DINサイズでも、時間の経過に応じてあらかじめ設定されたパターンに従った制御(プログラムパターン制御)ができます。また、1/8DINサイズのディジタル指示調節計「UT32A」に、2ループタイプを追加しました。シングルループタイプを2台購入する必要がなくなり、コスト削減と省スペース化を実現します。当社は1/8DINサイズのラインアップ拡充を通じ、装置の小型化を追求するお客様を支援します。

主な市場

電機、機械、化学、食品、半導体、自動車など多様な産業での機械設備や、空調、動力など工場の設備

用途

熱処理、洗浄、滅菌などの研究開発や製造工程における、温度、圧力、流量などの測定、表示、制御、警報動作、プログラム制御および装置の運転状態の表示

UTAdvancedシリーズについて

UTAdvancedシリーズは、プログラミング言語としてエンジニアの認知度が高いラダー言語によるシーケンス制御機能を標準搭載した調節計です。設計効率向上とリレーなどの周辺機器の機能取り込みによるコストダウンに貢献し、2009年の発売以来お客様の好評を得ています。ラインアップは、定値制御を行うディジタル調節計「UT55A」「UT52A」「UT35A」「UT32A」「UT75A」、時間の経過に応じてあらかじめ設定されたパターンに従った制御(プログラムパターン制御)を行うプログラム調節計「UP55A」「UP35A」と今回の新製品「UP32A」、入力信号が一定の値になると警報信号を出力・表示するディジタル指示警報計「UM33A」です。

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

トップ