生産子会社 横河マニュファクチャリング青梅事業所をOKIに譲渡 ~プリント配線板と基板実装の製造も委託し経営効率向上を実現~

2015年3月31日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 社長:西島 剛志 以下 横河電機)は、このたび沖電気工業株式会社(本社:東京都港区 社長執行役員:川崎 秀一 以下 OKI)との間で、横河マニュファクチャリング株式会社(社長:真鍋 嘉利 本社:東京都武蔵野市 以下 横河マニュファクチャリング)青梅事業所を沖プリンテッドサーキット株式会社(社長:嶋田 宏 本社:新潟県上越市 以下 OKIプリンテッドサーキット)に4月1日付けで譲渡する契約を、3月26日に締結しましたのでお知らせします。
 青梅事業所で行っていた横河電機向けプリント配線板生産と基板実装は、OKIに生産委託してOKIプリンテッドサーキット青梅工場として生産を継続します。横河マニュファクチャリング 青梅事業所の従業員は、OKIが継続して雇用します。

 また同時に、横河マニュファクチャリングとOKIは、横河マニュファクチャリング甲府事業所で行っている基板実装の全てと、一部の製品の組み立てをOKIへ生産委託する契約を締結しました。

 横河電機は、高い信頼性が求められる自社の制御・計測機器向けに多種多様なプリント配線板生産を1969年より開始し、国内では青梅事業所で生産していました。しかし、プリント配線板生産と基板実装は技術の進歩も著しく、継続した設備投資が必要な事もあり、構造改革を進める中でその位置付けを見直していました。このたびOKIのEMS(生産受託)事業の将来性と高い信頼性を実現する技術力、多品種生産の実績を高く評価し、自社製品向けプリント配線板生産と基板実装の確実な継続・高度化、そして青梅事業所の雇用維持ができると判断しました。

 OKIは、2016年度を最終年度とする「中期経営計画2016」(2013年11月12日発表)において、高度な生産技術と品質保証力を活かした ハイエンド型EMS事業を成長分野の1つとして位置付けています。OKIのプリント配線板事業は1965年からはじまり、102層の超高多層プリント配線板の設計・量産技術を、世界で初めて開発に成功するなど、高い技術力による大型・高多層基板で評価を受けています。EMS事業成長のためには、プリント配線板事業の拡大とともに、強みであるプリント配線板から最終製品組立までの一貫生産体制の更なる強化が必要でした。

以上のことから、今回の合意にいたりました。

譲渡対象となる青梅事業所の概要

  • 名 称 :横河マニュファクチャリング株式会社 青梅事業所
  • 所在地 :東京都青梅市藤橋3-8-2
  • 事業内容:プリント配線板の製造、基板実装
  • 敷地面積:11,300㎡
  • 従業員数:100人

以上

本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

トップ