マレーシアの洋上LNGプラント「PFLNG 2」向け制御システム受注 ~海洋資源生産設備向け制御事業の拡大に弾み~

2015年3月25日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の関係会社であるヨコガワ・コントロール・マレーシア(所在地:セランゴール州プチョン 代表:チン・コン・シオン)が、日揮株式会社と韓国サムスン重工業のコンソーシアムから、マレーシア国営石油会社ペトロナスが建設する天然ガス洋上液化プラント(FLNG)「PFLNG 2」向け制御システムと安全計装システムを受注しましたのでお知らせします。

 FLNGは、海底ガス田で採掘した天然ガスの精製、液化、貯蔵、及びLNG船に積出するまでを洋上で行う新しいタイプのLNG生産設備です。用地の取得や輸送パイプラインの敷設が不要であることや、採算の都合で開発・生産の対象にならなかった中小規模の海底ガス田にも適しているなどの理由で、エネルギー分野で高い注目を集めています。
「PFLNG 2」は、ボルネオ島北部サバ州沖合の海底ガス田で採掘した天然ガスを液化する設備として建設されます。年間のLNG生産能力は150万トン、生産開始は2018年初頭を予定しています。

 ヨコガワ・コントロール・マレーシアは、液化設備と貯蔵タンクの監視・制御を行う統合制御安全システム(ICSS)を納入し、エンジニアリング、据付支援、試運転支援、運転員訓練支援を行います。ICSSは、当社の統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム・ブイピー)」、安全計装システム「ProSafe®-RS(プロセーフ・アールエス)」、統合機器管理ソフトウエアパッケージ「PRM®」、及びプラント情報管理システムなどで構成されます。

 YOKOGAWAは、1989年にヨコガワ・コントロール・マレーシアを設立以来、ペトロナスの生産設備向けに制御システムを多数納入しています。今回受注できた要因としては、世界の天然ガス液化プラントやLNG船・FPSOなど洋上設備向けプロジェクトの豊富な実績とノウハウがFLNG向けに有益であると評価されたことがあげられます。

 YOKOGAWAは、成長が見込まれる海洋資源関連市場向け専門組織を2013年に設け、市場の開拓を積極的に進めています。今後も、お客様の視点で最新の技術によるソリューションを提供し、海洋資源生産設備向け制御事業を拡大します。

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

関連業種

関連製品&ソリューション

CENTUM VP

統合生産制御システム 「CENTUM VP(センタム・ブイピー)」は、プラントの設計から、エンジニアリング、システム・機器の据え付け、生産立ち上げ、さらには稼働後の改修や変更を経て運転を終了するまで、プラントのライフサイクルにわたり最適な操作・エンジニアリング環境をお客様に提供します。

トップ