英国コーンウォール州の廃棄物処理・発電施設向け制御システムを受注

2014年10月7日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社であるヨコガワ・フランス(所在地:イヴリーヌ県ヴェリジー=ヴィラクブレー 代表:P. Delaveau)は、ヴィンチ・エンバイロメント・UK※1から、英国に建設される廃棄物処理・発電施設向け制御システムと安全計装システムを受注しましたのでお知らせします。

 この施設は、SITA Cornwall Ltd.※2によって、英国南西部コーンウォール州の中央部に位置するセントデニスに建設され、2016年に稼働を開始する予定です。計画では、焼却炉の産業廃棄物処理能力は年間24万トン、燃焼時に発生する熱を利用して発電する容量は一般家庭2万1,000軒の電力を賄えます。

 今回当社が納入する主な製品は、発電設備のボイラとその付帯設備の制御を行う統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム・ブイピー)」、安全計装システム「ProSafe®-RS」(プロセーフ・アールエス)です。ヨコガワ・フランスは、これらの製品のエンジニアリング、機器据付支援、試運転支援を行います。2011年、当社は本プロジェクトのEPC(設計・調達・建設担当会社)であるヴィンチ・エンバイロメント※1から、フランス中部にあるスエズ・エンバイロメント・グループ※2のVERNEAの廃棄物処理・発電施設向け制御システムを受注し、納入したシステムは現在順調に稼働しています。

 英国をはじめ欧州では、環境問題を背景に廃棄物の埋立処分に関する法規制が強化され、焼却設備を導入する計画が増えています。YOKOGAWAは、国内外の廃棄物処理関連施設向けに、140件以上のシステム納入実績があります。このうち、今回で英国向けシステムとしては4件目の納入となります。この分野のエンジニアリングに関する経験とノウハウを活かして、欧州を中心とした海外の廃棄物処理関連施設向け制御事業の拡大に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

※1 ヴィンチ・エンバイロメント・UK:
ヴィンチ・エンバイロメントは、フランスの大手建設会社ヴィンチ・コンストラクション傘下の企業で、官公庁や民間企業による水処理や廃棄物処理施設建設の設計・建築業務を担います。設立以来、水処理施設350施設以上、廃棄物処理施設80工場以上の豊富な設計・建築実績を誇ります。今回、YOKOGAWAにとっての発注者であるヴィンチ・エンバイロメント・UKは、このヴィンチ・エンバイロメント(50%)とヴィンチ・コンストラクションの英国子会社であるヴィンチ・コンストラクション・UK(50%)2社の子会社です。

※2 SITA Cornwall Ltd.:
世界有数の水処理・廃棄物処理企業であるフランスのスエズ・エンバイロメントの子会社SITA UK Ltd.は、英国で廃棄物処理事業を展開しています。2006年、SITA UK Ltd.が中心となってコーンウォール州で排出される廃棄物処理を担うSITA Cornwall Ltd.を設立しました。今回新設される廃棄物処理・発電施設の操業は、事業主であるSITA Cornwall Ltd.に代わりSITA UK Ltd.が担います。SITA Cornwall Ltd.には、SITA UK Ltd.などの英国企業に加え伊藤忠商事株式会社も出資しています。

以上

本件に関するお問い合わせ

関連業種

関連製品&ソリューション

統合生産制御システム(DCS)

横河電機は、独自のデジタル制御技術と経験、ノウハウの粋を集めた世界最初の分散型制御システム(DCS)である「CENTUM(センタム)」を1975年に発売開始しました。発売以来、世界100カ国以上、累計27,000システムが採用されています。

トップ