メキシコ国営石油会社ペメックスの超低硫黄ディーゼル燃料プラント向け制御システム受注

2014年9月8日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社であるヨコガワ・メキシコ(本社:メヒコ州ナウカルパン 代表:チェスター・J・ムロズ)は、スペインのエンジニアリング会社であるACSの子会社 コブラ・インスタラシオネス・メキシコから、メキシコ国営石油会社ペメックスの子会社ペメックス・レフィナシオンが建設する超低硫黄ディーゼル燃料製造プラント向けに、統合生産制御システムと安全計装システムを受注しましたのでお知らせします。

 ペメックスは、大気汚染の原因となる硫黄酸化物や窒素酸化物、粒子状物質(PM)などの排出削減に貢献するため、ガソリンやディーゼル燃料の低硫黄化を進めています。今回当社が受注したプロジェクトは、メキシコ東北部ヌエボ・レオン州にある同社のカデレイタ製油所に建設される超低硫黄ディーゼル燃料プラント向けです。カデレイタ製油所が精製したナフサを脱硫して、超低硫黄ディーゼル燃料を生産します。1日当たりの脱硫処理能力は3万5,000バレルで、稼働開始は2017年前半を予定しています。

 当社が納入する製品は、水素化脱硫装置や硫黄回収装置などプラントを構成する主要設備の監視・制御を行う統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム・ブイピー)」とネットワークベース生産システム「STARDOM®(スターダム)」、異常発生時に装置を安全に停止させる安全計装システム「ProSafe®-RS(プロセーフ・アールエス)」、プラント情報管理システム「Exaquantum™(エグザカンタム)」などのソリューションベースのソフトウエア、ガスの成分を分析するプロセスガスクロマトグラフ「GC8000」、流量を測定する各種フィールド機器です。ヨコガワ・メキシコは、これらの製品の納入、エンジニアリング、試運転支援、運転訓練支援を行います。製品の納入は、2015年前半を予定しています。

 メキシコは、世界有数の石油・天然ガス埋蔵量を誇る資源大国で、近年はシェールオイル、シェールガスの埋蔵も確認されています。今後同国では、石油・天然ガス分野に外国企業を含む民間企業の参加が認められる見込みで、投資の拡大が期待されています。また、世界的な環境意識の高まりに伴い、脱硫装置の需要は、新興国を中心に増加するものと見られています。YOKOGAWAは、市場の拡大が期待できるメキシコでの制御事業を加速するとともに、大気汚染の防止に貢献する脱硫装置向け制御システムを積極的に受注して地球環境保全に貢献してまいります。

以上

本件に関するお問い合わせ

関連業種

関連製品&ソリューション

統合生産制御システム(DCS)

横河電機は、独自のデジタル制御技術と経験、ノウハウの粋を集めた世界最初の分散型制御システム(DCS)である「CENTUM(センタム)」を1975年に発売開始しました。発売以来、世界100カ国以上、累計27,000システムが採用されています。

トップ