統合生産制御システム「CENTUM VP」がISASecure EDSA認証を取得

2014年7月15日発表

 横河電機株式会社 (本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム ブイピー)」が、国際的なセキュリティ認証推進組織ISCIのISASecure® EDSA認証を取得したことを、お知らせします。ISASecure EDSA認証は、制御機器のセキュリティ保証に関する認証制度です。分散形制御システムに対してこの認証が付与されたのは国内で初めてです。

CENTUM VPのコントローラ
CENTUM VPのコントローラ

 サイバー犯罪は世界的に急増しており、その手口もより巧妙になっています。最近では、生産の妨害や情報流出など、産業用の制御機器も攻撃対象となり、生産が停止するという事態すら起きています。そのため、重要なインフラである石油や石油化学、天然ガス、電力などのお客様を中心に、制御機器の導入に際して、サイバーセキュリティ対策が施されているかどうかが重視され始めています。当社は、サイバーセキュリティが確保されていることを確認した上で、お客様が安心して「CENTUM VP」を導入できることを示すために、技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)認証ラボラトリーの審査を受け、ISASecure EDSA認証を取得しました。当社にとっては、安全計装システム「ProSafe®-RS(プロセーフ アールエス)」に続き、2製品目の認証取得となります。

 当社は、セキュリティレベルの高い機器やシステムの開発、提供、さらにはその運用のサポートに至るまで、お客様の制御システムに対し最適なセキュリティソリューションを提供しています。今回の認証取得を弾みに、プラントの安全操業を追求するお客様へのサイバーセキュリティ対策に関する支援を加速します。

※ISASecure EDSA認証と国際的なセキュリティ認証推進組織ISCIについて
ISASecure EDSA(Embedded Device Security Assurance)認証は、ISCI(ISA Security Compliance Institute)が開発した制御機器の組み込み型デバイス(制御システムのフィールドコントローラ、安全計装システムのセーフティコントローラ、プログラマブルコントローラなど)向けのセキュリティ認証プログラムです。ISCIは、国際計測制御学会ISA(International Society of Automation)のメンバーを中心とした組織で、セキュリティ認証を推進しています。評価項目には、「通信に関する堅牢性試験 (CRT:Communication Robustness Testing)」、「セキュリティ機能の実装評価(FSA:Functional Security Assessment)」、および「ソフトウエア開発のプロセスにおけるセキュリティ評価(SDSA:Software Development Security Assessment)」の技術要素を含みます。
現在、国際電気標準会議IEC(International Electrotechnical Commission)によって、制御機器におけるセキュリティに関する国際標準規格IEC62443が策定されています。制御機器サプライヤー向けの規格であるIEC62443-4には、ISASecure EDSA認証の要求事項をベースとした提案がされています。

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

関連製品&ソリューション

統合生産制御システム(DCS)

横河電機は、独自のデジタル制御技術と経験、ノウハウの粋を集めた世界最初の分散型制御システム(DCS)である「CENTUM(センタム)」を1975年に発売開始しました。発売以来、世界100カ国以上、累計27,000システムが採用されています。

トップ