データ収集制御システム「SMARTDAC+」ペーパレスレコーダ「GXシリーズR2」「GPシリーズR2」を発売 ~米国医薬品局の規則(Part11)に対応、入力点数を最大450点に拡張~

2014年3月28日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 社長:西島 剛志)は、操作性・拡張性に優れたデータ収集制御システム「SMARTDAC+®」(スマートダックプラス)のラインアップである、パネル取り付け型ペーパレスレコーダ「GXシリーズ」、ポータブル型ペーパレスレコーダ「GPシリーズ」の機能を強化し、パネル取り付け型ペーパレスレコーダ「GXシリーズR2」、ポータブル型ペーパレスレコーダ「GPシリーズR2」を4月7日より発売しますのでお知らせします。
 このたびの機能強化では、米国医薬品局(FDA)が定める規則に対応したほか、測定点数の大幅な拡張、表示機能の拡張を図りました。

SMARTDAC+ペーパレスレコーダ「GX/GPシリーズR2」
SMARTDAC+ペーパレスレコーダ「GX/GPシリーズR2」

シリーズの概要と機能強化の背景

 レコーダ(記録計)は、さまざまな産業の生産現場や開発現場等において、温度、電圧、電流、流量、圧力などのデータの収集・表示・記録に使用される機器で、当社が世界トップクラスのシェアをもつ製品の一つです。レコーダの記録媒体は、従来の紙ではなく電子媒体が主流となっており、同時にネットワーク化も進んでいます。このような背景から、タッチパネルによる携帯情報端末のような操作性や、広域に分散したレコーダの情報を一元管理できる拡張性をもったレコーダが求められています。当社が2012年10月に発表した「GXシリーズ」「GPシリーズ」は、このようなニーズに対応した操作性・拡張性に優れたデータ収集制御システムです。
 今回の機能強化は、FDA 21 CFR Part11(連邦規則第21条第11章)が医薬品業界に広く普及しレコーダの最新機種である「GXシリーズ」「GPシリーズ」にもこれに対応した機能が求められていること、また、より広域かつ多点のデータ収集を行える拡張性や、操作性の一層の向上が求められていることに対応したものです。

機能強化の概要

  1. FDA21 CFR Part11に対応
    米国製薬業界の要望を受け1997年に発効したFDA 21 CFR Part11は、電子記録および電子署名が、紙での記録および手書きの署名と同様の効力をもつとみなすために必要な要件を定めた規則です。「GXシリーズR2」「GPシリーズR2」では、FDA 21 CFR Part11に則った、電子記録および電子署名による製造管理が可能です。また、医薬品業界では、米国はもとより、米国以外の地域でもFDA 21 CFR Part11と同様の要件が定められていますので、多くの地域の医薬品業界のお客様のニーズにおこたえします。
  2. 最大450点までの入力が可能
    「GXシリーズR2」「GPシリーズR2」では、最大60点までの入力が可能な拡張ユニットを用意し、レコーダ1台に拡張ユニットを最大6台まで接続できるようになりました。これにより、本体への入力と合わせて最大450点までの入力が可能です。また、本体と拡張ユニット、拡張ユニット同士を結ぶ通信ケーブルは最大100メートルまで延長できますので、拡張ユニットをセンサの近くに設置することにより省配線を実現できます。
  3. 「カスタムディスプレイ機能」を搭載(オプション)
    標準テンプレートの図表に加え、任意のグラフィックを表示できる「カスタムディスプレイ機能」をオプションで用意しました。専用の画面構築ソフトで画面を作成し、本体にインストールすることで、たとえばタンクなどの設備や機器のイメージ図に温度や圧力の値を表示するなどの任意の画面を表示することが可能です。これにより、記録計としての機能に加え、プロセスの表示器や操作パネルとしての機能を実現することができます。

主な市場

GXシリーズ
鉄鋼、石油化学、化学、紙パルプ、食品、薬品、上下水道、電気・電子をはじめとする幅広い産業の生産現場

GPシリーズ
家電、自動車、半導体、新エネルギーをはじめとする幅広い産業の開発部門、大学及び研究機関

用途

温度、電圧、電流、流量、圧力などのデータの収集・表示・記録

今後の取り組み

 データ収集制御システム「SMARTDAC+」は、SMART Data Acquisition and Controlの略です。今後も、ペーパレスレコーダ「GXシリーズR2」「GPシリーズR2」や拡張モジュールに加え、多彩な信号源に対応した各種入力モジュール、制御用出力モジュールなどを提供し、製造プロセス監視や性能評価試験といったデータ収集制御アプリケーションを幅広くサポートします。当社は今後もレコーダ市場のトップメーカとして、お客様の多様なニーズにおこたえしてまいります。

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

トップ