安全計装システム「ProSafe-RS」がISASecure EDSA認証を取得

2014年1月21日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、安全計装システム「ProSafe®-RS(プロセーフ アールエス)」が、国際認証推進組織ISCIのISASecure® EDSA認証を取得しましたので、お知らせします。ISASecure EDSA認証は、制御機器のセキュリティ保証に関する認証制度であり、当社は国内でこの認証を取得した初めての制御機器ベンダーになります。

ProSafe-RS
ProSafe®-RS

 サイバー犯罪は世界的に急増しており、その手口もより巧妙になっています。最近では、生産の妨害や情報流出など、産業用の制御機器が攻撃される事態が起きています。そのため、重要なインフラである石油や石油化学、天然ガス、電力などのお客様を中心に、制御機器の購入に際して、サイバーセキュリティ対策が施されているかどうかを重視され始めています。当社は、お客様に安心して安全計装システム「ProSafe-RS」をお使いいただけることを示すためにISASecure EDSA認証を取得しました。

 当社は、セキュリティレベルの高い機器やシステムの開発、提供、さらにはその運用のサポートに至るまで、お客様の制御システムに対し最適なセキュリティソリューションを提供しています。今回の認証取得を弾みに、プラントの安全操業を追求するお客様へのサイバーセキュリティ対策に関する支援を加速します。

※ 国際認証推進組織ISCI とISASecure EDSA認証について
ISASecure EDSA(Embedded Device Security Assurance)認証は、ISCI(ISA Security Compliance Institute)が開発した制御機器の組み込み型デバイス(制御システムのフィールドコントローラ、安全計装システムのセーフティコントローラ、プログラマブルコントローラなど)向けのセキュリティ認証プログラムです。ISCIは、国際計測制御学会ISA(International Society of Automation)のメンバを中心とした組織で、評価認証を担います。評価項目には、「通信に関する堅牢性試験 (CRT:Communication Robustness Testing)」、「セキュリティ機能の実装評価(FSA:Functional Security Assessment)」、および「ソフトウェア開発のプロセスにおけるセキュリティ評価(SDSA:Software Development Security Assessment)」の技術要素を含みます。
現在、国際電気標準会議IEC(International Electrotechnical Commission)によって、制御機器におけるセキュリティに関する国際標準規格IEC62443が策定されています。制御機器サプライヤー向けの規格であるIEC62443-4には、ISASecure EDSA認証の要求事項をベースとした提案がされております。

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

関連製品&ソリューション

安全計装システム

安全計装システムProSafe-RS は、IEC 61508 で定められた安全度水準SIL3(SIL:Safety Integrity Level)を満たす安全計装システムとして、その性能を外部認証機関TÜV Rheinland より認められています。統合生産制御システムCENTUMシリーズと組み合わせて使用することにより、プロセス制御システムと安全計装システムを統合できます。

トップ