マレーシアのガス複合火力発電所向け制御システムを一括受注

2012年7月11日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:海堀 周造)の関連会社であるヨコガワ・コントロール・マレーシア(本社:マレーシア プチョン 社長:チン・コン・シオン)は、キマニス・パワー社がボルネオ島北東部のマレーシア領サバ州に建設するキマニス コンバインドサイクル発電所※1向けの制御システムとフィールド機器を、CTCIコンソーシアム※2から受注しました。

 キマニス コンバインドサイクル発電所は、総出力30万キロワット(10万キロワットの発電 ユニット3基)の発電所です。3期に分けて建設され、第1ユニット10万キロワット分の操業開始は2013年12月を予定しています。

 今回受注したのは、ボイラの制御及び、ボイラ、タービンの付帯設備の制御を行う統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム ブイピー)」、異常発生時にプラントを安全に停止させる安全計装システム「ProSafe®-RS(プロセーフ アールエス)」、排ガス成分を分析するガス分析計、差圧・圧力伝送器など、制御システムからセンサまでの計装設備一式となります。これらの納入、エンジニアリング、機器据付、試運転など、プロジェクト全体の遂行はヨコガワ・コントロール・マレーシアが行います。

 本プロジェクトの受注にあたっては、これまでのコンバインドサイクル発電所向け制御システムの実績、およびヨコガワ・コントロール・マレーシアの優れたエンジニアリング能力が高く評価されました。

 経済発展が続くマレーシアでは、政府や民間業者による工業団地開発が今後も見込まれており、電力需要増に対応するためのインフラ整備が進められています。当社は今回の受注を機に、電力市場の一層の拡大が期待されるマレーシアにおいて、電力プラント向け制御ビジネスのさらなる事業拡大を目指します。

以上

※1 コンバインドサイクル発電
ガスタービン発電と蒸気タービン発電を組み合わせた複合発電方式。ガスタービン発電の排熱で蒸気を発生させ、蒸気タービンを回して発電する。発電効率が高く、温室効果ガスの排出量も削減できる。

※2 CTCI社コンソーシアム
幅広い業種向けに設計・調達・建設サービスを提供している台湾最大のプラントエンジニアリング会社、CTCI社が主導するコンソーシアム。

本件に関するお問い合わせ

トップ