【横河メータ&インスツルメンツ】大電流から小電流まで、非接触式で高精度に測定する電流センサ3機種「CT1000 、CT200、CT60」発売

2010年12月6日発表

 横河メータ&インスツルメンツ株式会社(本社:東京都立川市 社長:西島 剛志)は、電流センサの新ラインアップCT1000(1000アンペアモデル)、CT200(200アンペアモデル)、CT60(60アンペアモデル)の3機種を12月7日から販売開始しますのでお知らせします。

 この電流センサは、交流および直流電流の測定に対応し、1000アンペアの大電流の高精度測定や50アンペア程度の小電流の非接触測定などに使用されます。これまで販売している751574(600アンペアモデル)も含め、当社の電流センサのラインアップが4機種に充実します。

左:CT60 、中央:CT200、右:CT1000
左:CT60 、中央:CT200、右:CT1000

開発の背景

 省エネルギーの取り組みを背景に、EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)の開発時の大電流測定、太陽光発電等に使用される電力変換装置の変換効率の測定、小電流の非接触測定などが求められています。

 今回、異なる電流測定レンジを持つ電流センサを新たにラインアップしたので、お客様は大電流から小電流まで、非接触で高精度に測定できるようになります。

製品の特長

  1. 大電流の高精度測定
    CT1000は、1000アンペアまでの大電流(交流および直流)を測定できます。EVやPHVの開発において、車の加速時の電流測定などに要求される1000アンペアまでの瞬間的に発生する大電流の測定に対応します。
  2. 高精度測定
    CT200は、200アンペアまでの電流(交流および直流)を測定できます。大型の太陽光発電等に使用される電力変換装置や、EV/PHV向け充電装置で使用される100アンペア程度の直流電流測定に対応します。
  3. 電力計に直接つなぐことのできない小電流も非接触測定
    CT60は、60アンペアまでの小電流(交流および直流)を測定できます。50アンペアまでの高精度測定では電力計に直接つないで測定することが可能ですが、機器の状況によっては直接配線ができない場合がありました。CT60は小電流の機器に非接触で高精度に測定します。

主な仕様

  CT1000 CT200 CT60
直流確度 ゲイン確度 0.05%
オフセット確度 30μA
ゲイン確度 0.05%
オフセット確度 30μA
ゲイン確度 0.05%
オフセット確度 30μA
交流(50/60Hz)確度 ゲイン確度 0.05%
オフセット確度 30μA
ゲイン確度 0.05%
オフセット確度 30μA
ゲイン確度 0.05%
オフセット確度 30μA
測定帯域 0Hz(直流)~300kHz 0Hz(直流)~500kHz 0Hz(直流)~800kHz

※ゲイン確度とは、入力電流に対して出力される電流値の確度のこと。オフセット確度とは、0アンペア入力時に出力され得る電流値のこと。

主な市場

自動車メーカのEV/PHV、太陽光発電等の電力変換装置などの開発、評価部門

用途

EV/PHV開発における性能評価、省エネ設備機器などの消費電力測定

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

トップ