アブダビにエンジニアリングセンターを開設

2010年10月13日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:海堀 周造)の子会社であるヨコガワ・ミドルイースト(本社:バーレーン マナーマ 社長:小川 朗)は、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ近郊のムサファ工業団地内にエンジニアリングセンターを開設しました。併せて、販売・アフターサービスのオフィスを移転・統合しました。
 アブダビはエネルギー産業を中心に経済発展を続けており、当社は現地のGasco社やAdco社、Takreer社などのエネルギー関連企業から、この2年間で約2億米ドルの受注を獲得しています。当社は今後もビジネスの拡大を目指すとともに、現地でのプレゼンス向上を目指して教育支援活動にも注力していきます。

エンジニアリングセンター開設

 当社はアブダビで販売・アフターサービスの提供を開始して以来、UAEにおけるエネルギー産業の発展とともにビジネスを拡大してきました。受注の拡大に伴い、エンジニアリングを現地で行ってほしいというお客様の要望に応えるため、大型プロジェクトにも対応できるエンジニアリングセンターを新たに開設しました。エンジニアリングセンターでは、ガス生産設備、石油精製設備の制御・安全システムのエンジニアリングを行います。
 販売・アフターサービスとエンジニアリング機能のロケーション統合により、(1) お客様に密着した対応、(2) より効率的でスピーディーなサービス提供、(3) 短納期対応、コスト削減を実現し、お客様の業務効率の改善に貢献していきます。

教育支援

 当社は実践的な技術教育プログラムを提供し、現地の若いエンジニアの育成を支援しています。
 昨年12月に、アブダビ国営石油会社(ADNOC)傘下の教育機関であるPetroleum Institute of Abu Dhabiとの間で、制御技術に関する教育プログラムを提供する覚書を締結しました。受講者は学生のほか、ADNOCグループ企業の従業員も含まれます。当社が提供する教育プログラムは、自動制御理論、実験実技を含むエンジニアリングの基礎をはじめ、エンジニアリングセンターでの当社技術者による講義、実務研修です。また、制御技術分野に限らず、品質管理や労働安全衛生、環境マネジメントなどの専門知識に関する教育プログラムも提供していきます。

 当社は、今後も成長が見込まれるUAEの石油・天然ガスビジネスにおいてビジネスの拡大を目指すとともに、現地の若いエンジニアの育成支援を通じて若年層の就労と技術力の向上を支援し、UAEにおけるエネルギー産業のさらなる発展に貢献していきます。

以上

※ Petroleum Institute of Abu Dhabi
2001年設立。アラブ首長国連邦のアブダビ国営石油会社(ADNOC)、および石油メジャー4社が設立した単科大学。エネルギー産業の発展に向けた研究およびエンジニアリング教育を行う。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

トップ