コリオリ式質量流量計「ROTAMASS 3シリーズ」を国内で発売

2010年8月19日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 社長:海堀 周造)は、海外市場で販売しているコリオリ式質量流量計「ROTAMASS 3 (ロータマス 3) シリーズ」を、8月31日から国内で発売しますのでお知らせします。
 当社は、高機能材料や薬品などのファインケミカル分野で需要の多いコリオリ式流量計を国内市場に投入し、2012年に国内コリオリ流量計市場におけるシェア20%以上の獲得を目指します。

ROTAMASS 3 (ロータマス 3) シリーズ
ROTAMASS 3 (ロータマス 3) シリーズ
左:検出部・変換器一体形
右:検出部・変換器分離形

国内発売の背景

 プラントで使用される流量計には、液体や気体の流量を体積として測定する体積流量計と質量として測定する質量流量計があります。ファインケミカル分野では、化学プロセスの材料を質量単位で管理します。また、高価な材料を用いて少量を生産するため、高精度に質量を測定することが必要です。質量を算出するために温度・圧力補正が必要な体積流量計は、補正の際にも誤差がでるため、ファインケミカル分野では直接質量を測定する質量流量計が最適です。
 今回発売するコリオリ式流量計は、質量流量計です。高い精度で、多種類の流体(液体、高粘度液、スラリー、気体)の質量、密度、温度を直接測定ができるという特長があります。当社は、1993年からドイツにある当社の子会社のロータ・ヨコガワで製造し、欧州、北米、中東、東南アジアを中心に販売し、累計で3万台の納入実績を重ねてきました。
 これまで、日本のファインケミカル分野では、高精度ですが高価なコリオリ式流量計の導入はあまり進んでいませんでした。しかし、国際競争の激化に伴って、国内では付加価値の高い製品の生産割合が増えることが見込まれることから、当社は質量流量を高精度に測定できるコリオリ式流量計の需要が増えると判断し、日本市場への投入を決定しました。

製品の特長

  1. 幅広い流量レンジに対応
    口径は15mmから125mmまで、流量レンジは0.1t/h以下の小流量から100t/hまで対応します。流量計の口径は測定する流量範囲で決まりますが、ROTAMASS 3は、ひとつの口径で複数のフランジサイズに対応できるので、測定に最適な口径を選択することができます。
  2. 低流量でも高精度な測定
    ゼロ点安定性に優れているため、少ない流量でも、指示値の±0.1%の高い精度(液体の場合)で質量流量を測定することができます。
  3. 高精度な密度測定
    0.3~2.0g/cm³の広い範囲で、0.008~0.0015g/cm³という高精度で密度を測定できます。さらに、精度を±0.0005g/cm³まで引き上げるオプションを準備しました。密度を正確に測定することで、体積流量、濃度、混合流体の質量流量を高精度に算出することができます。

主な市場

化学、薬品などの製造会社

用途

生産工程で生産設備を制御する目的で、液体・気体の質量流量・体積流量・密度・濃度・温度を測定

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

トップ