オランダの子会社2社を再編 欧州・アフリカ地域における制御ビジネスの拡大に対応

2008年7月14日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:海堀 周造)は、欧州・アフリカ地域を管轄する地域統括会社ヨコガワ・ヨーロッパ(本社:オランダ アーマスフールト 社長:ハリー・ハウプトマイヤー)の子会社である、オランダ国内の関係会社2社の機能を再編し、同時に社名を変更しますのでお知らせします。

 再編対象となるのは、オランダ国内における制御事業の販売、エンジニアリング、サービスを担当し、あわせて中・東欧やアフリカにある支店の管理を行っている「ヨコガワ・ネーデルランド」と、欧州地域の制御ビジネスを統括する「ヨコガワ・システム・センター・ヨーロッパ」で、両社ともヨコガワ・ヨーロッパの100%出資会社です。

 欧州・アフリカ地域では制御事業が年々拡大しており、規模も大きくかつ多国間にまたがるようになっています。地域統括会社であるヨコガワ・ヨーロッパは、北・西欧州各国に子会社を有しており、大規模かつ多国間にまたがる案件を処理するためには、これらの子会社の持つリソースを有効活用することが求められます。
 このため、制御システムに関する北欧、バルト三国を含む北・西欧州およびナイジェリアにおける営業とエンジニアリング、サービスの機能をヨコガワ・システム・センター・ヨーロッパに集約し、これら地域にあるヨコガワ・ヨーロッパの子会社が持つリソースを横断的に有効活用していきます。
 一方、ヨコガワ・ネーデルランドは、欧州やアフリカにもつ支店の管理に専任する支店統括会社とします。

 同時に、今回の機能見直しにあわせて、両社の社名を変更します。ヨコガワ・システム・センター・ヨーロッパは「ヨコガワ・ヨーロッパ・ソリューションズB.V.」、ヨコガワ・ネーデルランドは「ヨコガワ・ヨーロッパ・ブランチズB.V.」として、新たに事業を行ってまいります。

 今回の再編によって、YOKOGAWAグループの欧州・アフリカで制御事業をさらに拡大していく体制が一層強化されました。今後も、2010年グローバルNo.1を目指して、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。

以上

トップ