情報系子会社2社を合併「横河ソリューションズ株式会社」を設立

2008年2月14日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:海堀 周造)は、2008年4月1日付で子会社2社を合併させることを決めましたので、お知らせします。
 合併する2社は、横河情報システムズ株式会社(以下横河情報システムズ)と横河制御エンジニアリング株式会社(以下横河制御エンジニアリング)の2社で、両社とも横河電機の100%出資子会社です。存続会社は横河情報システムズとし、横河制御エンジニアリングを吸収合併する形をとります。
 両社合併後に誕生する新会社の社名を「横河ソリューションズ株式会社」とします。

合併の目的

 横河情報システムズは、主としてERP、MES(生産情報システム)など、製造業の生産情報システムに関わる情報ソリューションを提供して参りました。
 また、横河制御エンジニアリングは、当社の主力製品である分散形制御システム(DCS)のエンジニアリングを中心に、その上位階層の運転情報管理システム、プラント情報管理システムを手がけて参りました。
 両社を統合することにより、生産現場から経営管理レベルまでを範囲とするグローバルなエンジニアリング体制を強化すると共にYOKOGAWAグループの情報ビジネス拡大を図ります。

新会社の概要

会社名 : 横河ソリューションズ株式会社
代表者 : 富田 俊郎
資本金 : 1億円
本社所在地 : 東京都武蔵野市
従業員数 : 949人

合併する2社の概要

会社名 横河情報システムズ株式会社 横河制御エンジニアリング株式会社
資本金 1億円 1億円
代表者 富田 俊郎 木畑 仁
本社所在地 東京都武蔵野市 東京都武蔵野市
従業員数 575人 374人
2006年度売上高 122億16百万円 60億15百万円

以上

トップ