横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

無線振動センサ

XS770A一体形無線振動センサは、センサ機能と無線通信機能が一体となったIndustrial IoT(IIoT)向け無線振動センサです。X、Y、Z、3軸合成の振動(速度、加速度)と表面温度を測定し、無線通信で測定値を上位に送信します。M6ネジ一本、またはマグネットによって簡単に測定箇所に取り付けることができます。

危険場所で使用できる防爆認証を取得

石油化学プラントや塗装工場、薬品工場などの可燃性ガスを取り扱う工場や設備の第二類危険箇所に設置することができます。

省電力・長距離通信可能な無線通信機能を搭載

受信感度と電波干渉耐性に優れ、理想的な通信環境で10 km 以上の通信距離を実現する LoRaWAN(日本仕様)の採用により、広大なエリアにセンサを設置することができます。

耐環境性に優れた電池駆動の小型無線センサ

高い耐環境性を持つ電池駆動の小型無線センサを、プラント内の配線が困難な場所にも設置し、さまざまなデータを収集することで,設備異常の早期発見や故障の予知などのプラント保全に貢献します。

スマートフォンを利用した設定と状態確認

センサの設定と状態確認はAndroid 端末で動作する専用ソフトウェア(Sushi Sensor App) を使用して行います。NFC(近距離無線通信)機能を介して、シンプルでわかりやすい操作性を提供します。

 

XS770A 一体形無線振動センサ

無線仕様 通信プロトコル LoRaWAN クラス A,AS923 日本仕様
ARIB STD-T108 準拠
通信レート 250 ~ 5470 bps(LoRa 変調)
無線周波数 920.6 ~ 928.0 MHz
無線セキュリティ AES 128 bit 暗号化
無線出力電力 最大 7 dBm
アンテナ 内蔵無指向性アンテナ
電源仕様 電池駆動 塩化チオニルリチウム電池 1 本(専用品)
定格電圧: 3.6 V
定格容量: 2.6 Ah
性能仕様 測定 ■振動測定
測定値 :加速度(ピーク),速度(RMS)
測定軸 :X,Y,Z,3 軸合成
測定可能範囲 *1:加速度:0 ~ 130 m/s2,速度 *2:0 ~ 20 mm/s
測定周波数帯域: 10 ~ 1,000 Hz(± 3 dB)
測定精度 :± 10% FS @ 100 Hz (X, Y, Z 軸 ),± 20% FS @ 100 Hz (3 軸合成 )
■温度測定
測定値 :温度
測定可能範囲:-20 ~ 85 ℃
分解能 :0.1 ℃
測定部 :台座
更新周期 1 分~ 3 日
電池特性 以下の条件において一般的に4年間動作 *3
更新周期:1 時間
周囲温度:23 ± 2℃
機能仕様 出力信号 LoRaWAN(AS923; 日本仕様)
NFCインタフェース NFC フォーラム Type 2 Tag
設置環境 周囲温度 動作時:
-20 ~ 85 ℃(一般形の場合)
-20 ~ 80 ℃(本質安全防爆形の場合)
適合規格 保護等級 IP66/IP67
防爆構造 Ex ic IIB T4 Gc
形状・材質 ケース 強化プラスティック(PBT)
台座 ステンレス鋼
質量 260g
取付 測定対象へねじ取付け *4(六角穴付止めねじ付属)

*1:入力された振動のピーク値です。測定周波数帯域と測定可能範囲の関係は、一般仕様書を参照してください。
*2:入力が正弦波のとき、20 mm/s pk は 14 mm/s RMSに相当します。
*3:電池寿命は振動などの環境条件および機器設定によって変わります。
*4:アクセサリのマグネティックホルダを使用して取付けることもできます。マグネティックホルダを使用した場合は振動測定周波数帯域が低下します。

 

Sushi Sensor App

本製品の設定や状態確認等を NFC インタフェース経由で行うためのソフトウェアです。

Google Play で手に入れよう

対応言語

ソフトウェア 日本語
マニュアル: 日本語
 
動作環境 項目 推奨システム要件
OS Android 5.1.1 以上
CPU Snapdragon 800 または同等品以上
解像度 1280x720 ドット以上
NFC リーダ,ライタ
GPS 任意

 

イベント

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ