自動水質監視装置 WM400

WM400自動水質監視装置は、通常給水栓にて1日1回実施される、色・濁り・残留塩素の滅菌効果に関する検査(水道法施行規則第15条)に適合可能な、色度、濁度および残留塩素の自動測定装置です。
上水道の給水栓、受水地点、配給水池に使用されます。
公定法(厚生労働省告示第261号および第318号)に基づく測定方式を採用し、公定法に定められた性能を満足します。仕様選択により、pH、水圧も測定可能です。

特長

  • 毎日点検3項目「残留塩素・濁度・色度」の自動測定
  • 長時間無人運転を可能にした専用装置
  • 地球環境にやさしい無試薬タイプ
  • 冬場の凍結防止対策が可能
  • 豊富なフィールド実績があり、信頼性の高い検出器を使用
  • 仕様の選択により、pH、水圧も測定可能
  • 水道水質公定法対応

標準仕様

測定対象 上水道の給水栓、受水地点、給配水池などの浄水
試料水条件 温度 0~50°C
水圧 50~750 kPa
流量 60~300 ml/min
消費量 2.6~3 m3/月 (60 ml/minの場合で、濁色度計校正周期により変化)
公定法対応 項目 定量下限値 保守管理基準
残留塩素 0.05 mg/l 以下 ±0.05 mg/l 以内
濁度 0.1度以下 ±0.1度以内
色度 0.2度以下 ±0.5度以内
測定範囲     測定範囲 最小スパン 精度 (注1)
残留塩素 回転電極式
ポーラログラフ法
0~3 mg/l 1 mg/l ±0.1 mg/l(基準手分析の精度:±0.05 mg/lを含む)
濁度 2光路透過光比較演算方式 0~10度 1度 ±0.08度または±2%FSの大きい方
色度 2光路透過光比較演算方式 0~10度 5度 ±0.5度

(注1) 精度とは基準条件において、標準物質(あるいはこれに代わる基準の測定法)を用いてゼロ・スパン校正を行なった後、この間の任意の値を持つ標準物質(あるいは基準の測定法により値が既知の試料)を測定する場合に生じる最大誤差の限界です。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ