アルカリ度計 AL400G

アルカリ度の管理は、浄水場での凝集剤の注入制御および配水管の腐食防止等のファクターとして重要です。
アルカリ度計AL400Gは、上水試験方法および日本工業規格JIS K0101 「工業用水試験方法」に記載された中和滴定の原理を自動化した、浄水場等の運転管理用のプロセス分析計です。
容量法にくらべ可動部分が少ないので連続運転に耐久性があります。また終点検出にガラス電極を用い、測定にはサンプル量、試薬量とも重量法を採用したことで指示再現性、安定性に優れています。
汚れの多いサンプルの測定には砂ろ過器を用意し、洗浄装置を標準装備しています。オプションにて自動校正も付加可能です。

特長

  • アルカリ度を自動測定
  • 自己診断機能付き
    機器異常の発生はFAIL外部接点とタッチパネル表示により確認可能
  • 操作性を考慮したタッチパネル式LCD採用

  • 試薬注入量の削減
    以前のモデルに比べ、試薬量を1/6に削減

  • 優れたメンテナンス性
    自動洗浄機能付き
    自動校正機能(オプション)選択可能

 

測定原理

 

pH電極使用による中和滴定重量法

 

アプリケーション

  • 浄水場における凝集剤の注入制御に
  • 配水管ラインの腐食防止に
  • ボイラ給水や工業用水の水質管理に
測定対象 上水道原水および浄水中のMアルカリ度
測定レンジ 低レンジ用:0~50 mg/l
中レンジ用:0~100 mg/l
高レンジ用:0~200 mg/l
サンプル条件 温  度:0~40°C
流  量:1~3 l/min(1分析検水量;50 g)
圧  力:20~500 kPa
特性 繰り返し性:スパンの2%以内
直線性:スパンの±3%以内

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ