横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

分離型ジルコニア式高温湿度計 ZR22G, ZR802G

Opex削減に貢献、サンプリング装置不要で酸素濃度や高温下の湿度を連続測定します。

当社のジルコニア式高温湿度計は、窯業/紙・パルプ/食品/繊維など、高温化の各種乾燥過失の管理/制御用として、長年にわたる多くの実績があります。

本ジルコニア式高温湿度計は、直接挿入形のZR22G検出器とZR802G変換器で構成され、サンプリング装置を使うことなく高温空気中の湿度を連続測定します。

検出器ZR22Gは、高信頼性ジルコニアセンサを採用し、700℃までの測定ガスに対してダイレクトに測定することができます。
また、変換器ZR802Gは、各種設定画面、測定値のトレンド表示、校正画面などの表示機能を備えており、対話型のLCDタッチパネルで操作できます。自動校正ユニットZR40Hを使用することで、校正を完全自動化することも可能です。

高温化の管理・制御を効率よく行うことで必要以上のエネルギー削減し、地球環境保全に貢献およびOPEX削減が可能になります。

ジルコニア式高温湿度計の導入メリット

サンプリング装置が不要

ダクトに直接設置して測定することができるため、リアルタイムの測定が可能で、設置スペースを削減できます。

現場で簡単メンテナンス

検出器のセンサアセンブリを現場で一式交換可能で、保守工数が削減できます。

センサの劣化診断でダウンタイムを回避

校正ガスを使用せずにセンサの劣化を診断できる機能を搭載していますので、トラブルが発生する前にメンテナンスが可能です。

データログ機能で確実にデータを保存

エラー、アラーム、校正、簡易セル抵抗値などの履歴をデータログすることができます。
別処理での履歴保存の手間が省けます。

各種通信機能により拡張性アップ

HART7およびModbus TCP、Modbus RTUのデジタル通信機能を搭載しているため、用途に合った設置やメンテナンス方法が選択できます。

 

アプリケーション例 

  • 繊維工場の発色工程
  • コンクリート製品の蒸気養生工程
  • 建材、木材、食品などの各種製造乾燥工程
  • 食品などの各種製造加湿工程

その他アプリケーションについては、ご相談ください

 

産業用IOT(IIOT)で新たな価値創造

自己診断、詳細アラーム情報などを、通信機能を用いて最小限の人員でプラント管理できます。

産業用IOT(IIOT)で新たな価値創造

 

詳細

標準仕様

測定対象 混合ガス(空気+水蒸気)中の水蒸気
測定方式(検出器部) ジルコニア式(検出器ZR22G)
測定範囲 酸素濃度:0.01−100 vol%
水分量:0−100 vol%
混合比:0−1.000 kg/kg
測定ガス温度 0~700℃
測定ガス圧力 -5~+20kPa
検出器挿入長 0.4、0.7、1.0、1.5、2.0、2.5、3.0 m
デジタル通信 HART7 通信(AO1、負荷抵抗250~550Ω)
Ethernet(Modbus TCP)
RS-485(Modbus RTU)

 

特性(大気中の酸素濃度測定からの換算値)

繰り返し性 ± 1 vol%H2O(測定ガス圧力2kPa以下)
直線性 ± 2 vol%H2O(測定ガス圧力 ± 0.49 kPa 以内)
± 3 vol%H2O(測定ガス圧力 + 2 kPa 以下)
ドリフト ゼロ、スパン共 ± 3 vol%H2O/ 月
応答時間 5 秒以内 90%応答

構成例

基本構成例

関連情報

ドキュメント&ダウンロード

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ