横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

抄紙機ドライヤの湿度測定-紙の品質維持と省エネルギー化に不可欠

概要

抄紙工程には、脱水した紙(湿紙)に残る水分をさらに熱風で蒸発させる重要なプロセスがあります。このプロセスが行われるドライヤ室の湿度管理は、紙の品質(強さ、表面の状態など)を維持するためや熱エネルギーの効率を高めるために不可欠です。
湿度測定には、測定ガスをサンプリングする必要がなく高温雰囲気でも安定に動作する 「ZR802G ジルコニア式高温湿度計」が数多く採用されており、好評を得ています。

お客様の期待

  • 抄紙機乾燥工程の効率を上げたい
  • 抄紙機ドライヤ内の湿度を測定したい
  • ランニングコストを削減したい
  • 設備更新のイニシャルコストをミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

パルプサスペンションを均一に流して脱水しプレスを加えて作られた湿紙には、20 ~ 50% の水分が含まれています。この湿紙の水分は、密閉されたドライヤ室にある蒸気加熱ロールに通すことにより蒸発させます。ドライヤ室の中は 50 ~ 120℃有り、循環している低湿度の熱風が紙から蒸発した水分を運び去ります。ドライヤ室には、所定の湿度を維持するための湿度計が数か所に設置されています。

フード熱回収システムループ構成

 

YOKOGAWA のソリューション

プロセス条件
測定点:密閉(半密閉)フード、または調湿機フードの排気ダクト
温度:50~ 120°C
圧力: 負圧
ダスト:少量(紙粉)

測定システム
検出器:ZR22G-040-S-K-E-☐-☐-J-A /□
ダストプロテクタ:ZH21B-040-J*B
変換器:ZR802G-☐-☐-N-N /□
流量設定器:ZR40H-☐-☐-A
校正ガスユニット:G7001ZCG7013XFE7044KF
エアセット:G7003XF

ユーティリティ
定格電圧:100~ 240VAC
定格周波数:50/60Hz
消費電力:通常330VA最大800VA
計装用空気:圧力;300 ~700kPa

特記事項

小麦粉製造・澱粉製造などのドライヤにも、ここで紹介したシステムが適用できます。

YOKOGAWA のソリューション

留意点

  • センサは高温になるため、ダストプロテクタを付加して浮遊紙粉がセンサに接しないようにし、発火事故を防止します。
  • 検出器のフランジボルト穴位置は、設備のフランジボルト穴に対して角度が 45 度ずれます。設置に留意してください。
  • 測定対象の湿度が低いので、比較空気の湿度は精度に大きく影響します。比較空気には、計装用空気のように清浄で乾燥している空気を使用します。
     

 

業種

  • 紙パルプ

    YOKOGAWAは、紙パルプ業界の分野において優れた製品を提供しながら、省エネや高効率なプラント構築のお手伝いをしてまいりました。 皆さまにご提供するのは、製品からシステム、そして時代を切り拓く新たなソリューション。
    YOKOGAWAは、紙産業にかかわるあらゆる要求にお応えするベストパートナーです。

    さらに見る

関連製品&ソリューション

  • 分離型ジルコニア式高温湿度計 ZR22G, ZR802G

    長寿命、高信頼性のジルコニアセンサで、高温下の湿度を効率よく連続測定します。サンプリング装置不要で直接測定が可能です。センサの劣化を自己診断でき、現場でヒータアセンブリ一式の交換が可能でメンテナンス性に優れています。デジタル通信やデータログ機能の追加により、OPEX削減に貢献します。

    さらに見る
  • 酸素分析計

    燃焼管理や制御に最適なジルコニア式、可燃性ガスを含むガスでも測定可能な磁気式、リフロー炉・グローブボックスなどの雰囲気ガスを測定する低濃度酸素濃度計など安全計装のため用途に合わせたラインアップです。

    さらに見る

トップ