工業用チャートレコーダ μR10000/μR20000

μR10000/μR20000シリーズ チャートレコーダは、ネットワーク機能などの多機能を装備した横幅100mm、180mmの記録紙を用いるペン・打点タイプの記録計です。

モデル一覧

シリーズ 形名 タイプ
µR10000 436101 100mm、1ペン記録計
436102 100mm、2ペン記録計
436103 100mm、3ペン記録計
436104 100mm、4ペン記録計
436106 100mm、6打点記録計
µR20000 437101 180mm、1ペン記録計
437102 180mm、2ペン記録計
437103 180mm、3ペン記録計
437104 180mm、4ペン記録計
437106 180mm、6打点記録計
437112 180mm、12打点記録計
437118 180mm、18打点記録計
437124 180mm、24打点記録計

■ μR10000/μR20000シリーズで、安全確実な遠隔監視が実現できます。
 詳細は >「クラウド版レコーダ」をご参照ください。

機能継承

入力点数、パネルカット、端子位置、電源仕様等、国内シェアNo.1でしたμR1000/μR1800の機能を継承しています。

  μR10000 μR20000
入力点数 ペンモデル:1、2、3、4
ペン打点:6打点
ペンモデル:1、2、3、4
ペン打点:6打点、12打点、18打点、24打点
外形 外形寸法 144(W)×144(H)×220(D)mm
(μR1000と同じ)
288(W)×288(H)×220(D)mm
(μR1800と同じ)
前面ドア 防塵防滴ドア(IP-54)
端子位置 μR1000と同じ μR1800と同じ
端子配列 4mmネジ端子
  入力端子:打点モデル同じ、ペンモデル打点モデルに統一
  オプション端子:同じ
  電源端子:同じ
質量(重さ) 1ペン約2.1Kg、2ペン約2.2Kg、3ペン約2.3Kg、4ペン約2.4Kg、6打点約2.5Kg 1ペン約7.5Kg、2ペン約7.5Kg、3ペン約7.6Kg、4ペン7.6kg、6打点8.4kg、12打点約8.6kg、18打点約8.8kg、24打点9.0kg
電源 定格電源電圧 100~240VAC自動切替
(μR1000と同じ)
μR1800と同じ
最大消費電力 ペン約40VA、打点約40VA ペン約55VA、打点約55VA
ヒューズ メンテナンス用ヒューズ不要
補用品 ペン、プロッタペン、リボンカセット、記録紙、シャント抵抗、取付金具(μR1000と共通) ペン、プロッタペン、リボンカセット、記録紙、シャント抵抗、取付金具(μR1800と共通)

リボンカセット

 リボンカセット

ディスポーザブルフェルトペン

信頼性

サーボユニット

例:µR10000

例:µR10000

ペンサーボに超小型ステッピングモータおよびラック&ピニオン方式を採用。サーボの小型化、消費電力低減を実現しています。

前面ドア部(DIN 40050-IP54準拠)

例:µR10000

例:µR10000

パネル面にマウントした際に前面に出ている機器のドア部を防塵・防滴仕様にしました。
耐環境性能が向上しています。

高耐圧半導体リレー

高耐圧半導体リレー

入力信号を切り換えるスキャナに高耐圧半導体リレーを採用。
μR10000:6点を1秒、μR20000:6点を1秒、12~24点を2.5秒の高速スキャンと、スキャナの長寿命化、無騒音化を実現しています。

ASIC採用

ASIC

YOKOGAWAならではのASlC(カスタムICでApplication Specific Integrated Circuitの略)を採用し、高集積化を実現。これにより低消費電力化、発熱量を抑え部品の長寿命化を実現しています。

安全規格/EMC規格

自社EMC実験室

自社EMC実験室

YOKOGAWAの工業用記録計における高信頼性をご理解いただくために安全規格/EMC規格に対応しています。もちろん欧州において義務付けられているCEマークも取得しています。

軽量化

最新のモールド成形技術により部品点数を削減し軽量化を実現。また、高集積化、新型サーボユニットの採用により高効率、低発熱も実現しています。

µR10000

µR10000

µR10000

µR20000

µR20000

µR20000

大型VFDマトリックスディスプレイ採用

必要な情報をより見やすく

大型VFDマトリックスディスプレイ

チャネルNo.、TAGNo.、単位、フラッグ、アラーム情報などを自由に表示可能。

 

マルチ表示(多彩な画面表示)で現場監視

・記録計をモニターとして運用したい。
μR10000
6チャネル同時表示(打点モデル)
μR20000
12チャネル同時表示(12、18、24打点モデル)
6チャネル同時表示(打点モデル) 12チャネル同時表示(12、18、24打点モデル)
2チャネル同時表示 4チャネル同時表示
2チャネル同時表示 4チャネル同時表示
・記録位置をアナログ指示で監視したい。(フラッグ表示)
μR10000 μR20000
µR10000 µR20000
・警報を一括監視したい。(チャネル識別アラーム表示)
µR10000 µR20000
µR20000

設定操作は、より簡単に・・・・

各種設定は、対話方式。さらに設定をサポートするナビゲーション表示(設定ナビ)により優れた操作性を実現

μR10000 ナビゲーション表示
(レンジ設定時、表示例)

上段(設定項目):設定チャネル、レンジ、スパン(左)、スパン(右)が表示されます。
下段(設定ナビ):各設定項目の説明または、設定可能範囲が表示されます。

μR10000:18文字以上はスクロールします。
μR20000:31文字以上はスクロールします。

様々な工夫で使いやすさを追求

チャートカセット、内部照明に工夫を施しました。

内部照明

内部照明 内部照明

内部照明は、高輝度型白色LEDと光拡散ロッドの採用によりチャート部の視認性を大幅にアップしました。

チャートカセット

チャートカセットは、チャート取り出し機能を装備。
記録中でもチャートへのメモ書き、記録確認が行えます。

チャートカセット チャートカセット
µR10000 µR20000

強力な演算機能

演算結果のアナログ記録可

打点モデル:全演算チャネル(12ch)のアナログ記録可。また、チャネル毎に記録のON/OFFも可。

ペンモデル:測定結果、演算結果を任意のペンに割付し記録可。

打点モデルアナログ記録例
μR10000打点モデルアナログ記録例

強力な演算機能

演算ch 測定チャネル、通信ディジタル入力、リモート入力を使用
演算ch数 ペンモデル(8ch)、打点モデル(μR10000:12ch、μR20000:24ch)
演算種類 ・四則、平方根、絶対値、常用対数(y=log10x)、指数(eX)、べき乗
・関係演算子(<、≦、>、≧、=、≠)
・論理演算(AND,OR,NOT,XOR)
定数 30個
通信ディジタル入力 ペン:8個、打点:12個(μR10000)、24個(µR20000)
リモート入力 ・5個までのリモート入力が可能。
・リモート状態(0/1)を演算式内で使用可能。
演算式 120文字以内
統計演算 MAX、MIN、AVE、SUM、MAX-MIN

ネットワーク機能

 

ソフトウェア

パラメータ設定ソフトウェア RXA10(別売)

測定チャネルや演算チャネルなどの各種設定や設定情報の管理が簡単に行えます。

RXA10

設定ソフト

  • RS-422/485通信インタフェースとの同時使用不可。RS-422/485通信インタフェース接続機器の電源を落とすか、配線を外してください。
  • PC側USBの場合、シリアル変換用コンバータが必要です。
  • 接続ケーブルは、ご用意ください。

 

高信頼データロギングソフトウエア GA10(別売)

EthernetまたはRS-422/485(オプション)を経由して、μRをはじめさまざまな機器の測定データをPCに収集するソフトウェアです。オフィスからの遠隔監視や、PC電子記録、複数台のμRのデータ一元化などに活用いただけます。

 

 

PCで監視、記録!

豊富な機能
- アラーム音
- E-mail送信
- 監視PC(クライアント)追加など
 

 

ユニバーサルビューア (無償ダウンロード)

SDメモリカード(オプション)に保存したデータファイルの再生表示ができます。指定したデータを区間演算したり、ASCIIやExcelなどの形式に変換することができます。

ビューアによる波形表示

ASCIIデータ変換
 

豊富な記録・印字機能

記録例

µR10000

4ペン 6打点
4ペン 6打点

µR20000

24打点

24打点

印字例の説明

リスト印字

µR10000

μR10000

µR20000

μR20000

部分圧縮拡大記録
部分圧縮拡大記録
詳しく記録させたい部分を拡大して記録させることができます。
ゾーン記録
各チャネルの記録帯域(ゾーン)を分けて記録させることができます。

入力値補正(付加仕様、/CC1)

センサの劣化などで測定値が真値と異なり一定の補正が必要な場合や、 測定値は確度以内に入っているが他の機器との表示数値のバラツキが 気になる場合、この機能で微調整ができます。
測定入力信号を指定された点で補正して測定値とします。

入力値補正点数
補正が行える点数(始点と終点を含んだ点数)は、2~16の範囲で指定できます。
補正値は、偏差値または絶対値で設定できます。

偏差値での設定
偏差値での設定

絶対値での設定
絶対値での指定
補正点4点目の補正値(B4)=a-b

入力値と補正値の設定例

入力値 補正後の値 偏差値 絶対値
9.8°C 10.0°C 0.2°C 10.0°C
90.5°C 90.0°C -0.5°C 90.0°C

 

24VDC/AC電源駆動(付加仕様、/P1)

24VDCまたは24VAC電源で動作が可能です。
仕様は、以下の通りになります。

  • 定格電源電圧:24VDC/AC
  • 使用電源電圧範囲:21.6~26.4VDC/AC
  • 耐電圧:電源端子-アース間1000VAC
  • 消費電力
電源電圧 最大
24VDC 約50VA
24VAC(50/60Hz) 約60VA

ポータブルタイプ(付加仕様、/H5D)

持運びに便利な携帯用ハンドルと電源コード付きのモデルです。

μR10000
µR10000 µR20000
  1. ハンドル
  2. 保護接地端子(予備)
  3. 電源コネクタ保護接地端子付き
    (指定の電源コードを配線します。)
  4. フット(4個)

ヘッダー印字(付加仕様、/BT1)

測定データ(アナログ記録)と合わせて工程情報(バッチ/ロットナンバー、コメント等)を印字することができます。

 

ヘッダー印字例(ペンモデル)

ヘッダー印字例(ペンモデル)

*:μRシリーズの場合、演算値も可能

補足説明

  • バッチ名= バッチナンバー(文字列)- ロットナンバー(数値)
    例)バッチナンバー-000001(自動インクリメントの設定可)
  • 開始/終了印字:マニュアルプリント的に印字します(印字中は、アナログ記録は行いません)
  • メッセージ印字:日付/時刻、メッセージ文字列に測定値*を含めた印字ができます。
    (日付/時刻、メッセージ文字列、測定値*の印字内容、ならび順の設定可)

 

基本動作

  • 記録をスタートすると開始印字を行い、アナログ記録を開始します。
  • 記録をストップするとアナログ記録を停止し、終了印字をします。
  • アナログ記録中、測定値*を含めたメッセージの印字をするこができます。

ヘッダー印字機能の基本動作パターンは、以下の通りです。

 

基本動作パターン例

*:μRシリーズの場合、演算値も可能

電子データ保存(SDメモリカード)

電子データ保存(SDメモリカード)イメージ1
  • SDカード(最大32GB)で長時間の記録が可能
  • 紙づまりやインクトラブルなどによる記録紙データ欠損時のバックアップおよび再生が可能
  • 入力レンジやアラーム設定など本体設定をSDカードに保存、機器交換時および増設時に再利用が可能

【サポート情報】動作確認済み SDメモリカード 一覧

SMARTDAC+ GX/GP/GM、μR10000/μR20000およびFX1000において、他社製SDメモリカードでの動作が確認されています。
なお、正常動作を保証するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

【サポート情報】レコーダ製品補用品リスト(チャート紙、ペン、リボンカセット)

チャート紙、ペン、リボンカセットなどレコーダ(記録計)製品の補用品をご紹介しております。
補用品のお求めは、「お見積りのご依頼」からご連絡いただくか、弊社営業拠点まで御連絡下さい。

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品の改正 RoHS 指令(2011/65/EU)対応一覧

レコーダ・コントローラ製品のRoHS 指令(2011/65/EU)対応の一覧を示します。

【サポート情報】PCソフトウエア・対応機種⼀覧表

各種PCソフトウェアがサポートされている対応機種の一覧表です。

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品のNLF対応一覧

レコーダ・コントローラ製品の NLF 対応の一覧を示します。

カタログ
取扱説明書
一般仕様書
ソフトウェア
技術情報
外形図
SDS(安全データシート)

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ