FA-M3シミュレーションソフトウェア Virtual-M3

SF681-MDW

FA-M3シミュレーションソフトウェアVirtual-M3は、FA-M3シーケンスCPUモジュールの動作をPC上で再現して、プログラムを実機レスでデバッグするためのソフトウェアです。
本ソフトウェアは、デバッグ時の作業工数を大幅に削減できる4大機能として、ステップ運転機能、ライブロジックアナライザ機能、ダイナミックI/Oジェネレータ機能、HMIとの接続機能を備えています。

FA-M3シミュレーションソフトウェア Virtual-M3

⇒ 詳細はこちら

 

基本動作

  • シーケンスCPUモジュールと同等なデバイス種類とデバイス点数を有しています。
  • シーケンスCPUモジュールのデバイスだけでなくI/Oモジュールの入出力リレーやレジスタも備えています。
  • 特殊な命令を除いてすべての命令をサポートしています。
  • I/OモジュールをアクセスするREAD/WRITE命令やダイレクトリフレッシュ命令をサポートしています。
  • コンスタントスキャンの設定やスキャンタイムの調整が行えます。
  • 最大2枚のVirtual-M3が同時に起動できます。

ステップ運転

  • ステップ運転の開始位置をブロックの行番号とデバイス状態の組合せで指定できます。
  • ステップ運転中に途中をスキップさせることができます。
  • 回路ごとのステップ実行、命令ごとのステップ実行を状況に応じて使い分けることができます。
  • 任意の位置まで戻してステップ実行をやり直すことができます。デバイス状態も実行前の値に戻ります。
  • サブルーチン,マクロ,センサコントロールブロックの中もステップ実行が行えます。
  • FOR-NEXT命令やインデックス修飾などスキャンごとの運転では詳細な確認が難しいことも容易に行えます。

ライブロジックアナライザ

  • リアルタイムな動作確認が行えます。
  • 動作状態をファイルに保存できるのでドキュメント化や他の関係者へ伝達することができます。
  • その他,シーケンスCPUモジュールと同等なことがVirtual-M3でも行えます。

手動の模擬入力

  • Virtual-M3に用意されたモジュール表示画面からI/Oモジュールの入力リレーの模擬入力が行えます。
  • WideField3に用意された高機能モジュールモニタ画面からI/Oモジュールのレジスタをデータ変更できます。

ダイナミックI/Oジェネレータ

  • プログラムからVirtual-M3のI/Oモジュールへデータ入力する「ダイナミックI/Oジェネレータ」機能を備えています。
  • Virtual-M3を2枚起動して、1つをデバッグ対象の仮想CPUモジュール、他は「ダイナミックI/Oジェネレータ」機能をもつ仮想I/Oモジュールを動作させます。このようにI/Oモジュールを連動させながらデバッグが行えます。
  • 仮想 I/OモジュールのプログラムもFA-M3プログラム開発ツールWideField3を使って作成できます。仮想I/Oモジュールのプログラムでは,I/Oモジュールの入力リレーやレジスタへ書込みができます。

HMIとの接続

  • Virtual-M3の上位リンク機能を使って表示器やSCADAと接続できます。表示器やSCADAのプログラムと合わせてデバッグが行えます。
  • HMIソフトウェアとは,localhost(127.0.0.1)を介して,HMIハードウェアとはPCのLANポートを介して接続されます。

仕様

  SF681-MDW
PC PC/AT 互換機
OS Microsoft Windows 10(x86/x64)
Microsoft Windows 8 / 8.1(x86/x64)
Microsoft Windows 7(x86/x64)
日本語版/英語版
提供形態 Webダウンロード
CPU Pentium 1GHz 以上または同等の互換プロセッサで、上記OSが正常に動作すること
メモリ 1GB以上で、上記OSが正常に動作すること
ハードディスク容量 400MB以上確保できること
ディスプレイ 1024×768ドット以上
対応CPUモジュール F3SP22-0S, F3SP71-4S, F3SP76-7S,F3SP28-3S, F3SP38-6S, F3SP53-4S, F3SP58-6S, F3SP59-7S, F3SP66-4S, F3SP67-6S
未サポートの命令 INTP/IRET, DI/EI, STRCT/STMOV/SCALL, TPARA, WDT, SIG, DISP, PWRITE/PREAD, ULOG/ULOGR/UCLR, 継続型応用命令すべて
未サポートの機能
  • マルチCPU構成
  • LEDの一部
  • RAS機能の一部
  • パソコンリンクコマンドの一部
  • ロギング機能(システムログ/操作ログ/ユーザログ/FTPサーバログ)
  • I/O割込み
  • セキュリティ機能
  • MODEスイッチ、SETスイッチ
  • SDメモリカード
  • FTP通信/シリアル通信
  • システムリセット
  • サンプリングトレース
  • FAリンク/FL-netとの接続および設定

最新版ソフトウェア

Virtual-M3はR1.01が最新です。現在レブアッププログラムはありません。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ