FA-M3設定ツール ToolBox

SF661-MCW / SF662-MCW / SF663-MCW

ToolBoxは、FA-M3の特定モジュール専用の設定ツールで、アプリケーション開発のさまざまなシーンで開発効率を改善します。
温度調節・モニタモジュール用と、位置決めモジュール用があります。

SF661-MCW ToolBox 温度調節・モニタモジュール【F3CU04 / F3CX04用】
SF662-MCW ToolBox位置決めモジュール【F3NC3□用】
SF663-MCW ToolBox位置決めモジュール【F3YP2□用】

ToolBox 温度調節・モニタモジュール  (SF661-MCW)

ToolBox温度調節・モニタモジュールは、温度調節PIDモジュール(F3CU04-0N、F3CU04-1N、F3CU04-0S、F3CU04-1S)および温度モニタモジュール(F3CX04-0N)に対応した設定ツールで、モジュールの初期設定から動作テストまでを行うことができます。

また、煩わしい微調整・チューニングをグラフィカルにモニタしながら設定が可能な為、立ち上げまでの手間が省けます。

 

特長

再利用

  • パラメータ設定情報の再利用が可能です。

優れたデバック機能とデータロギング

  • 動作テスト中にも、動作モニタ、エラー情報の表示、設定内容の確認などが同時に行えます。
  • モジュール内のデータをロギングし格納することができます。
  • ログデータを外部データに出力して、ドキュメント化や分析・加工が手軽に行えます。

他アプリケーションとの連携

  • FA-M3プログラム開発ツールWideField2,WideField3との同時起動、同時編集が可能です。また、WideField2R2(リリース2)以降をお使いの場合には、同時通信を行うことができます。
  • パラメータやログデータをcsvデータとして保存を行えます。

やさしい編集画面

  • モジュール内のパラメータをガイドに従って設定します。
  • 任意に定画面をカスタマイズし、必要なものだけを簡単設定することができます。

仕様

  SF661-MCW
PC PC/AT 互換機
OS Microsoft Windows 10(x86/x64)
Microsoft Windows 8 / 8.1(x86/x64)
Microsoft Windows 7(x86/x64)
日本語版/英語版
供給メディア CD-ROM
CPU 1GHz以上で、上記OSが正常に動作すること
メモリ 1GB以上で、上記OSが正常に動作すること
ハードディスク容量 200MB以上確保できること
ディスプレイ 1024×768ドット以上推奨
通信条件*1*2 USB, RS-232C, Ethernet, FL-net (F3LX02-1Nの場合,Rev:01.00以降)
対応プリンタ 上記OSで使用できるA4サイズ対応のプリンタ
対応日本語入力 Microsoft IMEなど各種
対応モジュール F3CU04-0N, F3CU04-1N, F3CU04-0S, F3CU04-1S, F3CX04-0N
対応CPUモジュール*3 F3SP05-0P, F3SP08-0P, F3SP08-SP, F3SP21-0N, F3SP22-0S, F3SP25-2N, F3SP28-3N, F3SP28-3S, F3SP35-5N, F3SP38-6N, F3SP38-6S, F3SP53-4H, F3SP53-4S, F3SP58-6H, F3SP58-6S, F3SP59-7S, F3SP66-4S, F3SP67-6S, F3SP71-4N, F3SP71-4S, F3SP76-7N, F3SP76-7S, F3SPV3-4H, F3SPV8-6H, F3SPV3-4S, F3SPV8-6S, F3SPV9-7S, F3FP36-3N
他アプリケーションとの連動 ToolBox_R4の場合WideField2のR2.01以上のバージョン、ToolBox_R6以降ではWideField3と同時通信を行うことができます。

*1:Ethernet通信・FL-net通信の場合、TCP/IPプロトコルが正しく動作するネットワークが必要です。使用可能な通信条件は CPU機種により異なります。
*2:USB通信ではパソコンによっては、まれに接続が不安定になることがあるため、全てのパソコン(チップセット)との接続を保証するものではありません。
*3:F3SP71-4S, F3SP76-7Sは、ToolBox_R6以降で使用可能です。

既に本製品をお持ちのお客様で、最新版にレブアップされたい方は、会員制サイト Partner Portal(要会員登録)よりダウンロードしてください。

⇒ FA-M3最新版ソフトウェアダウンロード(Partner Portal)

ToolBox位置決めモジュール(F3NC32/34 対応)(SF662-MCW)

ToolBox位置決めモジュールは、位置決めモジュール(F3NC32-0N、F3NC34-0N)に対応したWindows上で動作する位置決め設定ツールです。
位置決めモジュールの登録パラメータ、動作パターンデータ、および位置データの設定、動作モニタ、動作テストまで行うことができます。
操作性、再利用性、視認性を追及した統合型開発環境により、モジュールの運転準備やデバッグなどを容易に行うことができ、開発効率が大幅に向上します。

 

特長

統合型開発環境

  • ToolBox位置決めモジュール(SF662-MCW)、およびToolBox温度調節・モニタモジュール(SF661-MCW)を同一パソコンにインストールすることにより、プロジェクト毎に温度調節・PIDモジュール、温度モニタモジュール、および位置決めモジュール(位置指令パルス出力形)を一括管理することができます。今後、他のFA-M3高機能I/Oモジュールにも順次対応予定です。
  • FA-M3ラダープログラム開発ツールWideField2, WideField3との同時起動、同時編集が可能です。また、WideField2 R2(リリース2)以降をお使いの場合には、同時通信を行うことができます。

操作性・再利用性

  • 動作パターンデータと位置データを別々に管理・作成することができます。これにより、設計時に動作パターンを作成し、現場で位置データをティーチングすることができます。さらに、同じ装置であれば位置データのティーチングだけですので、開発効率/再利用性が大幅にアップします。
  • 2軸(F3NC32-0N)、または4軸(F3NC34-0N)の動作を1つの動作パターンテーブルと位置データテーブルで作成することができます。これにより、装置の動作に合わせた動作パターンデータの作成が可能です。
  • 動作パターンデータや位置データ毎に意味のあるラベルやコメントを付けることができます。
  • オートコンプリート機能により、動作パターンデータや位置データの入力を入力済みの候補の中から選択することができます。これにより、実際の動作パターンデータや位置データを覚えることなく、動作パターンデータの作成や動作テストが可能になります。
  • 使い勝手に合わせて、動作パターンデータと位置データを同時に作成したり、別々に作成することも可能です。
  • 動作パターンデータで位置データを指定する場合、位置データテーブルからドラッグアンドドロップすることもできます。

視認性

  • 複数開いている画面リストがウインドリストバーに表示されますので、他の画面に隠れている画面をすばやく表示することが可能です。
  • 登録パラメータ、動作パターンデータ、および位置データ編集時に、設定データにエラーがあるセルは赤色、編集されたセルはピンク色、初期値と異なるセルは黄色、設定不要なセルは灰色に表示されます。

デバッグ・保守

  • 動作テスト中でも全てのステータスがモニタできます。動作モニタしながら登録パラメータ、動作パターンデータ、および位置データをデバッグできます。
  • JOG送りにより動作テストする場合、Shiftキーを押しながらJOG送りを実行すると複数軸を同時に動作させることができます。この時、Shiftキーを離すと全軸停止します。
  • FA-M3高機能I/Oモジュールの入出力リレーをコメント付きでモニタしたり、ON/OFFすることができます。
  • Help機能としてToolBox位置決めモジュールから、位置決めモジュールの取扱説明書の必要な内容を順次表示することができます。

仕様

  SF662-MCW
PC PC/AT 互換機
OS*1 Microsoft Windows 10(x86/x64)
Microsoft Windows 8 / 8.1(x86/x64)
Microsoft Windows 7(x86/x64)
日本語版/英語版
供給メディア CD-ROM
CPU 1GHz以上で、上記OSが正常に動作すること
メモリ 1GB以上で、上記OSが正常に動作すること
ハードディスク容量 200MB以上確保できること
ディスプレイ 1024×768ドット以上推奨
通信条件*1*2 USB, RS-232C, Ethernet, FL-net (F3LX02-1Nの場合,Rev:01.00以降)
対応プリンタ 上記OSで使用できるA4サイズ対応のプリンタ
対応日本語入力 Microsoft IMEなど各種
対応モジュール F3NC32-0N, F3NC34-0N
対応CPUモジュール*3 F3SP05-0P, F3SP08-0P, F3SP08-SP, F3SP21-0N, F3SP25-2N, F3SP35-5N, F3SP28-3N, F3SP38-6N, F3SP53-4H, F3SP58-6H, F3SP22-0S, F3SP28-3S, F3SP38-6S, F3SP53-4S, F3SP58-6S, F3SP59-7S, F3SP66-4S, F3SP67-6S, F3SP71-4N, F3SP71-4S, F3SP76-7N, F3SP76-7S, F3SPV3-4H, F3SPV8-6H, F3SPV3-4S, F3SPV8-6S, F3SPV9-7S, F3FP36-3N
他アプリケーションとの連動 ToolBox_R2の場合WideField2のR2.01以上のバージョン、ToolBox_R4以降ではWideField3と同時通信を行うことができます。

*1:Ethernet通信・FL-net通信の場合、TCP/IPプロトコルが正しく動作するネットワークが必要です。使用可能な通信条件はCPU機種により異なります。
*2:USB通信ではパソコンによっては、まれに接続が不安定になることがあるため、全てのパソコン(チップセット)との接続を保証するものではありません。
*3:F3SP71-4S, F3SP76-7Sは、ToolBox_R4以降で使用可能です。

既に本製品をお持ちのお客様で、最新版にレブアップされたい方は、会員制サイト Partner Portal(要会員登録)よりダウンロードしてください。

⇒ FA-M3最新版ソフトウェアダウンロード(Partner Portal)

ToolBox位置決めモジュール(F3YP22/24/28 対応)(SF663-MCW)

ToolBox位置決めモジュール(F3YP22/24/28対応)は、位置決めモジュール(F3YP22-0P, F3YP24-0P, F3YP28-0P)に対応したWindows上で動作する位置決め設定ツールです。
位置決めモジュールの登録パラメータ、位置データテーブル、およびカウンタの設定、動作モニタ、動作テストまで行うことができます。
操作性、再利用性、視認性を追及した統合型開発環境により、モジュールの運転準備やデバッグなどを容易に行うことができ、開発効率が大幅に向上します。

 

特長

統合型開発環境

  • ToolBox位置決めモジュール(SF662/663-MCW)、およびToolBox温度調節・モニタモジュール(SF661-MCW)を同一パソコンにインストールすることにより、プロジェクト毎に温度調節・PIDモジュール、温度モニタモジュール、および位置決めモジュール(位置指令パルス出力形、多チャネルパルス出力形)を一括管理することができます。今後、他のFA-M3高機能I/Oモジュールにも順次対応予定です。
  • FA-M3ラダープログラム開発ツールWideField2, WideField3との同時起動、同時編集が可能です。また、WideField2 R2(リリース2)以降をお使いの場合には、同時通信を行うことができます。

操作性・再利用性

  • 各軸の位置データを管理・作成することができます。また、同じ装置であれば位置データテーブル運転が可能ですので、開発効率/再利用性が大幅にアップします。

視認性

  • 複数開いている画面リストがウィンドウリストバーに表示されますので、他の画面に隠れている画面をすばやく表示することが可能です。
  • 登録パラメータ、位置データ編集時に、設定データにエラーがあるセルは赤色、編集されたセルはピンク色、初期値と異なるセルは黄色、設定不要なセルは灰色に表示されます。

デバッグ・保守

  • 動作テスト中でも全てのステータスがモニタできます。動作モニタしながら登録パラメータ、位置データをデバッグできます。
  • JOG送りにより動作テストする場合、Shiftキーを押しながらJOG送りを実行すると複数軸を同時に動作させることができます。この時、Shiftキーを離すと全軸停止します。
  • FA-M3V高機能I/Oモジュールの入出力リレーをコメント付きでモニタしたり、ON/OFFすることができます。
  • Help機能としてToolBox位置決めモジュールから、位置決めモジュールの取扱説明書の必要な内容を順次表示することができます。

仕様

  SF663-MCW
PC PC/AT 互換機
OS Microsoft Windows 10(x86/x64)
Microsoft Windows 8 / 8.1(x86/x64)
Microsoft Windows 7(x86/x64)
日本語版/英語版
供給メディア CD-ROM
CPU 1GHz以上で、上記OSが正常に動作すること
メモリ 1GB以上で、上記OSが正常に動作すること
ハードディスク容量 200MB以上確保できること
ディスプレイ 1024×768ドット以上推奨
通信条件*1*2 USB, RS-232C, Ethernet, FL-net(F3LX02-1Nの場合、Rev:01.00以降)
対応プリンタ 上記OSで使用できるA4サイズ対応のプリンタ
対応日本語入力 Microsoft IMEなど各種
対応モジュール F3YP22-0P, F3YP24-0P, F3YP28-0P
対応CPUモジュール F3SP05-0P, F3SP08-0P, F3SP08-SP, F3SP21-0N, F3SP25-2N, F3SP35-5N, F3SP28-3N, F3SP38-6N, F3SP53-4H, F3SP58-6H, F3SP22-0S, F3SP28-3S, F3SP38-6S, F3SP53-4S, F3SP58-6S, F3SP59-7S, F3SP66-4S, F3SP67-6S, F3SP71-4N, F3SP71-4S, F3SP76-7N, F3SP76-7S, F3SPV3-4H, F3SPV8-6H, F3SPV3-4S, F3SPV8-6S, F3SPV9-7S, F3FP36-3N
他アプリケーションとの連動 WideField3と同時通信を行うことができます。

*1:Ethernet通信・FL-net通信の場合、TCP/IPプロトコルが正しく動作するネットワークが必要です。使用可能な通信条件は CPU機種により異なります。
*2:USB通信ではパソコンによっては、まれに接続が不安定になることがあるため、全てのパソコン(チップセット)との接続を保証するものではありません。

既に本製品をお持ちのお客様で、最新版にレブアップされたい方は、会員制サイト Partner Portal(要会員登録)よりダウンロードしてください。

⇒ FA-M3最新版ソフトウェアダウンロード(Partner Portal)

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ