Modbusインターフェースモジュール

F3LC31-2F

このモジュールは、Modbus※ RTU / Modbus ASCIIに接続するためのインタフェースモジュールです。 オープンネットワークであるModbus通信のマスタ機能をサポートしており、他社の各種スレーブ機器と通信する ことができます。また、スレーブ機能もサポートしており、他社のマスタ機器と通信することができます。

※MODBUS は、Schneider Electric 社の登録商標です。

Modbusとは

Modbusはオープンネットワークとして、異機種システム間の汎用通信プロトコルとして用いられています。
Modbusシステムは1つのマスタと複数のスレーブで構成されます。各スレーブは自分の局番を持ってマスタに接続されています。

modbus

接続例

マスタ機能
スレーブ機能

仕様

項目 仕様
インターフェース EIA RS-422/EIA RS-485 準拠
伝送方式 半二重方式, 4 線式 / 2 線式
伝送速度 300 / 600 / 1200 / 2400 / 4800 / 9600 / 14400 /19200 / 28800 / 38400 / 57.6k / 115.2k bps
伝送媒体 シールド付きツイストペアケーブル
(AWG20~ 16)
伝送距離 最大1200m
終端抵抗 220Ω (内蔵, スイッチにより終端時指定)
ポート数 1 ポート (絶縁)
データ形式 スタートビット 1
データ長 7 / 8
パリティビット なし / 偶数 / 奇数
ストップビット 1 / 2
Xon/Xoff 制御 なし
プロトコル Modbus RTU / Modbus ASCII
エラーチェック CRC-16(RTU) / LRC-8(ASCII)
書込みプロテクト あり / なし(スレーブ機能のみ有効)
マスタ機能
送信機能 ファンクション種類 10
入力用エリア 250 バイト
出力用エリア 250 バイト
ブロードキャスト ブロードキャスト局番 0
スレーブ機能
自動応答 ファンクション種類 10
デバイスサイズ 入力 64K 点
コイル 64K 点
入力レジスタ 64K 点
保持レジスタ 64K 点
局番 1~247
マルチスレーブ機能
最大局番数 8 局番
自動応答 ファンクション種類 10
デバイスサイズ
(1局番あたり)
入力 64K 点
コイル 64K 点
入力レジスタ 64K 点
保持レジスタ 64K 点
局番 1~247
装着モジュール数*1 F3SP05, F3SP08, F3SP20, F3SP21の場合:最大2
F3SP22,F3SP25,F3SP28,F3SP30,F3SP35,
F3SP38,F3SP53,F3SP58,F3SP59,F3SP66,
F3SP67, F3SP71,F3SP76,F3BP20,F3BP30の場合:最大6
消費電流 290mA
外部接続 6 点端子台 M3.5 ネジ
外形寸法*2 28.9(W)×100(H)×83.2(D)mm
質量 130g

*1: 他の同機能モジュール (モデムモジュール,マルチリンクモジュール, Ethernet インタフェースモジュール, GP-IB 通信モジュール(スレーブ ))の合計数
*2: 突起部を除く寸法

WideField3でモニタする場合の注意事項

FA-M3プログラム開発ツール「WideField3」で本モジュールをモニタする場合、ご使用のPCにモニタ定義ファイル(iniファイル)をインストールする必要があります。

ファイルはこちらからダウンロードできます。
→ 会員サイト Partner Portal (要会員登録)

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ