FL-netインタフェースモジュール

F3LX02-2N

FL-net(OPCN-2)は、(財)製造科学技術センターにおいてFAオープン推進協議会が標準化を行ったオープンFAネットワークで、マルチベンダのプログラマブルコントローラ/NC/ロボットコントローラ間通信ネットワークを実現するものです。
最大254ノード(1モジュール当り1ノードと数えます)の接続が可能です。

特長

  • FL-net(OPCN-2)Ver. 2.00に対応しています。
  • メインユニットに最大6モジュール実装でき、多階層のデータリンクが可能です。
  • リンク点数は各モジュールごと(8192点/1モジュールずつ)に任意に設定可能です。
  • Ethernetを通信媒体とするため、増設が容易です。
  • 独自開発の「RRR(トリプルR)*1」方式で超高速データ転送を実現します。
  • デファクトスタンダードであるEthernetを通信媒体とするマルチベンダ対応の高速なネットワークです。
  • サイクリック伝送(一定周期で各ノードのデータを収集)とメッセージ伝送(イベント通知)をサポートします。
  • ネットワーク上の各ノードの通信媒体アクセスを管理/制御することにより、一定時間内のデータ転送を保証します。

*1 : 「RRR(トリプルR)」方式は、Rapid Refresh Reflectionの略で「FL-netインタフェースモジュール」内のデータ処理と「シーケンスCPUモジュール」間とのデータのリフレッシュを高速にし、PLC(FA-M3)間の転送データがラダーアプリケーションプログラムで認識できるまでの時間(伝達時間)を高速化した仕組みです。

仕様

  F3LX02-2N
10BASE-T 100BASE-TX
伝送仕様 伝送速度 10Mbps 100Mbps
伝送方法 ベースバンド
アクセス制御 IEEE802.3準拠(CSMA/CD)準拠
伝送プロトコル UDP/IP、FAリンクプロトコル、ICMP,ARP
セグメント最大長*2 100m
カスケード最大接続段数*3 4段 2段
ノード間最大距離*3 500m 205m
最大システムノード数 254台
最大実装モジュール数 6(サブユニットへの実装不可)
サイクリック伝送 領域1. 512ワード
領域2. 8192ワード
メッセージ伝送 最大1024バイト
消費電流 330mA以下
外形寸法*4 28.9(W)×100(H)×83.2(D)mm
質量 100g

*2 : HUBとノード間の距離です。
*3 : リピータHUB使用時の場合の制限です。スイッチングHUB使用時の制限は、HUBの仕様によります。
*4 : 突起部を除く寸法

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ