電力モニタ PR300

PR300は、電力設備メータと省エネルギー監視。ふたつのニーズに的確に応える、パネル取付タイプの電力モニタです。配電盤や発電機などの組込み用機器として、盤組込みメーカや電力システムメーカでご利用いただけるほか、省エネルギーを推進する工場やビル、事業所、学校、大型店舗などにもご利用頂けます。

  • 大型3段表示 & マルチメータ
    • 3要素同時に鮮明表示で比較も簡単
  • ユニバーサル設計
  • 高精度 0.25%
    • 業界最高クラス
  • デマンド警報やネットワーク。電力監視をさらに効率化
    • デマンド警報接点出力や警報解除用入力も装備

大型3段表示&マルチメータ

大型3段表示&マルチメータ

任意の3種類の測定要素を組み合わせ、大型LEDで一括表示。
3相電流/電圧の同時モニタなど、3相回路の測定値も同時に監視できます。1台で複数のメータを置き換え可能で、省コスト、省スペース、省配線に大きく貢献します。

さらに、無効電力、皮相電力、デマンド電流、デマンド電力などの測定や、トランスデューサ機能などを装備。

SET/ENTキー

各段の表示項目は任意に選択可能。表示パラメータは測定中もSET/ENTキーでワンタッチで切り替えできます。

表示パターン

 

ユニバーサル設計

相および線式は、単相2線から三相4線までユニバーサルに対応。
CT比/VT比の設定も含め、現場でパネルキーから設定/変更できます。
パネル取り付けも各種形状/サイズに1台で共通対応します。

ユニバーサル設計

 

高精度 0.25%

YOKOGAWA独自のマイクロCTトランスと位相補正機能を組み合わせ、業界最高クラス ±0.25% of F.S. (電圧、電流)、±0.5% of F.S. (電力)を実現しました。

 

デマンド警報やネットワーク。電力監視をさらに効率化

任意時間の電力積算、トランスデューサ機能(4-20mADC出力)、電力量の積算パルス出力、デマンド電流/デマンド電力の警報出力機能、RS-485通信(Modbus/パソコンリンクなど)、Ethernet通信など、電力監視を効率化する諸機能を1台に凝縮しています。

三相3線式の場合

Ethernet機能に搭載されているシリアルゲートウェイ機能で、他のRS-485機器をネットワーク環境に接続できます。

仕様

表示 3段、5桁LED、相表示はR、S、TまたはA、B、C
測定データ、パラメータのディジタル表示
相および線式 ユニバーサル三相3線式(単相2線、単相3線、三相3線)、
ユニバーサル三相4線式(単相2線、単相3線、三相3線、三相4線)
測定項目 電力量 有効電力量、無効電力量、皮相電力量、回生電力量、任意積算電力量
電力 有効電力、無効電力、皮相電力
電圧 瞬時値、最大値、最小値
電流 瞬時値、最大値
周波数 瞬時値、最大値、最小値
力率 瞬時値、最大値、最小値
デマンド電力/デマンド電流(オプション) デマンド電力(デマンド値、最大値)、デマンド電流(デマンド値、最大値)
入力電圧 定格 ユニバーサル電圧(110VAC、220VAC、440VAC)150VAC、300VAC、600VACレンジ
許容 150VAC、300VAC、600VAC
入力電流 定格 1A AC、5A AC
許容 定格電流の1.2倍(連続)、2倍(10秒)、10倍(3秒)
精度定格 有効電力量/任意積算電力量(Wh) ±0.5%(EN60687 精度:Class 0.5相当)
有効電力(W) ±0.5% of F.S.
電圧(V) ±0.25% of F.S.(電圧実効値)
電流(A) ±0.25% of F.S.(電流実効値)
周波数(Hz) ±0.5Hz
デマンド ±0.5%
入出力 ディジタル入力 任意積算の起動/停止
デマンド機能付の場合は、
デマンド警報の解除
電圧信号
アナログ出力(オプション) 有効電力、無効電力、皮相電力、電圧、電流、力率、周波数 4~20mA DC
パルス出力(オプション) 有効電力量、無効電力量(LEAD,LAG)、皮相電力量、回生電力量 オープンコレクタ
デマンド警報出力(オプション) 設定したデマンド警報点を越えた場合、警報を出力 オープンコレクタ
出力精度 アナログ出力:出力用測定要素の測定精度+(±0.5% of F.S.)
通信方式 RS485通信 プロトコル パソコンリンク、Modbus
通信配線方法 マルチドロップ(いもづる式)
伝送距離 最大1200m
通信速度 19200、9600、2400bps
最大接続台数 31台/Line
Ethernet
(オプション)
プロトコル Modbus/TCP
伝送速度 10Mbps/100Mbps
最大セグメント長 100m(HUBとモジュール間の長さ)
最大接続構成 カスケード最大4段(10BASE-T)、最大2段(100BASE-TX)(HUBのカスケード接続台数)
Ethernet-シリアルゲートウェイ機能 RS-485機器*のEthernetへの接続が可能
電力収集パッケージソフトウエア PR970(別売)
電源/消費電力 100~240V AC ±10% 50/60Hz/最大10VA

*電力モニタPOWERCERTシリーズ、ディジタル指示調節計GREENシリーズ、信号変換器JUXTAシリーズ

外形寸法図

JIS/ANSI

JIS/ANSI 外形寸法図

DIN

DIN 外形寸法図

 

パネルカット

JIS/ANSI

JIS/ANSI パネルカット

DIN

DIN パネルカット

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品の改正 RoHS 指令(2011/65/EU)対応一覧

レコーダ・コントローラ製品のRoHS 指令(2011/65/EU)対応の一覧を示します。

概要:

株式会社日本製鋼所 室蘭製作所様

熱処理炉の操炉制御に、制御・計測ステーションのCX2000、プログラム調節計UPシリーズ、ディジタル指示調節計UTシリーズをお使いいただいています。

株式会社日本製鋼所 室蘭製作所は、北海道室蘭市の室蘭港に面した工業地帯に位置し、超大型から中小型までの鋳鍛鋼製品、鋼板・鋼管、そして石油精製・石油化学用反応容器、さらには風力発電機器などを製造しています。室蘭製作所内には、5つの熱処理工場があり、そこでは、原子力・火力・水力などの発電所や石油精製もしくは天然ガスプラントで使用される大型鉄鋼製品部品、産業機械に使用される中小型部材の熱処理が行われています。今回は、素材製造部 熱処理課の堀様と佐藤様にお話を伺いました。

「品質を確保するためには、炉内および炉内にある製品を正確な温度管理のもとで熱処理作業を行う必要があり、当社の製品の製造工程において、熱処理作業は非常に重要なポジションにあります。」(堀氏)
その重要な工程の操炉制御ステーションに『制御・計測ステーションCX2000』、雰囲気温度および材料の接触温度の記録に『工業用チャートレコーダμR20000』、熱処理パターンのプログラム制御に『プログラム調節計UPシリーズ』、熱処理炉の各ゾーンの温度コントロールに『ディジタル指示調節計UTシリーズ』をご採用いただいております。

担当課長 堀様
担当課長 堀様

「正確な熱処理プログラムを入力するためにパソコンとの通信が可能で、測定入力数が多いことがCX2000の採用の決め手です。」(堀氏) CX2000では、最大6ループが個別にプログラム制御可能なので、用途に合わせた的確な制御が実現できます。また、プログラムパターンの表示と運転中の測定値を同時に表示できるので、プログラムの進捗状況がひと目で把握できます。

CX2000で記録したデータは、メディアおよびデータロギングソフトウェアDAQLOGGERに電子データで保存されているので、導入前はチャート紙からデータを読み取り、Excelに入力してデータ解析していたそうですが、CX2000導入後は、電子データからすぐに解析ができるので、測温データの検証時などの大幅な工数削減につながったそうです。

『工業用チャートレコーダμR20000』では、電気炉での雰囲気温度および材料の接触温度の記録を行っており、警報機能を活用することで、温度逸脱などのエラーを事前に防ぎ、品質の維持に大きな役割を果たしているそうです。
「現場の作業者はアラームを認知すると、チャートで昇温速度や降温速度などの傾きを確認し、打点の異常をすぐに察知してトラブルを未然に防いでいます。信頼性が非常に高いので、安心して使用できます。」(佐藤氏)
製品完成時には、お客様からの仕様通りに処理したことを証明するために、チャート紙で印字された測温結果を提出しているので、紙での記録は非常に重要とのことでした。

工業用チャートレコーダμR20000

室蘭製作所様では、工場全体で省エネ活動にも力を入れており、電力監視に『電力モニタPR300』をご採用いただいております。

「今の製造現場は、ものづくりだけではなく、省エネにも取り組まなければなりません。PR300で電力量を監視し、どのような燃焼状態が省エネにつながるのか、どのような場合にエネルギーロスを起こしているのかを確認できるので、非常に省エネに役立っています。」(佐藤氏)また、電気炉にもPR300を導入いただいており、常時電力消費量を測定し、設備の異常確認にもご活用いただいています。

その他、『ペーパレスコーダDX2000』も多数ご採用いただき、測定したい場所に持ち運びスポット的に温度記録を行っており、ポータブル記録計としてご活用いただいております。

「信頼性が高いからこそ、多くの横河製品を長年使い続けています。」(佐藤氏)

作業長 佐藤様
作業長 佐藤様

 

お客様紹介

株式会社日本製鋼所 室蘭製作所
http://www.jsw.co.jp/

素材製造部 熱処理課
品質・技術担当課長 堀寿浩様
作業長 佐藤誠剛様

 

※掲載内容は、2014年2月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

概要:

沖縄セルラー電話株式会社様

植物工場での電力、温度、CO2監視に、ペーパレスレコーダGX20をお使いいただいています。

沖縄セルラー電話株式会社様では、県内農家の植物工場への事業参入を促すため、完全人工光型植物工場の実証事業をスタートし、人工光による水耕栽培を行っています。
沖縄本島の南部に位置する南城市玉城にある、建築面積約80平方メートルの工場内では、6段の栽培ベッドが設置されており、ロメインレタス、リーフレタスなどの葉菜類を中心に栽培されています。
「植物工場では、人工照明、空調システムなどで栽培環境が最適になるように制御しています。植物を効率よく、かつ安全に栽培するため、温度やCO2濃度を一定量に保つ必要があります。」(沖縄セルラー様)

沖縄セルラー電話株式会社様 1

最適な環境で栽培することで、通常の約2倍の生育度で栄養価が高く、美味しい野菜が栽培できるそうです。

実証事業としてスタートした植物工場では、電力量などの各種栽培管理データを蓄積し、採算が取れる経営モデルを構築することが求められています。「省エネ試験や実証実験データ取得のため、消費電力や工場内の各種データを記録する必要がありました。記録に加え、リアルタイムでの遠隔監視や、異常時の発報が可能な記録計を探していました。」(沖縄セルラー様)
GX20のWEB機能をはじめとする豊富なネットワーク機能と、表示やメールでの通知可能な警報機能の搭載が、今回の採用の決め手だったそうです。GX20では、各種電力に加え、室内温度、水温や、CO2濃度を記録しており、演算機能を活用し、電力の積算値も表示しています。

沖縄セルラー電話株式会社様 2

「GX20は大画面で非常に見やすいですね。ひと目で測定データが確認できます。また、離れている本社や出先からもパソコンや携帯電話からも工場内の状況監視でき、非常に助かっています。異常時にはメールで通知が来るので、すぐに駆けつけることができます。」(沖縄セルラー様)
GX20は、12.1型TFTカラーLCDを搭載。画面の配色、ボタンのサイズ、画面遷移の動作など、人間中心設計に基づいており、より快適な視認性と操作感を実現しています。また、WEB機能を利用し、スマートフォンやタブレット端末から遠隔監視することも可能です。アラーム機能も搭載しており、上限下限値などでアラームを設定でき、異常時には画面でのアラーム表示に加え、メールやアラーム音などでの通知も可能です。その他、FTP機能やプリンタへの直接出力機能など、豊富なネットワーク機能を搭載しています。

沖縄セルラー電話株式会社様では、工場全体の電力監視に電力モニタPR300もご採用いただいております。「工場内の消費電力監視にPR300を利用しています。どのような時に多くの電力を使用しているか、どのような対策が電力削減につながるのかをデータをみながら分析しています。」(沖縄セルラー様)

「工場で栽培されている野菜は無農薬で、安心して食していただけます。また、出荷している社員食堂やレストランでも“おいしい!”との好評をいただいています。今後、LEDの採用や深夜電力のさらなる活用などで電力削減に努めながら、出荷量を増やしていく予定です。測定チャネルを増加する際には、モジュールを追加するだけなので簡単にできそうですね。」(沖縄セルラー様)
SMARTDAC+シリーズは、豊富な入出力モジュールをご用意しており、様々な測定対象に対応いたします。また、入出力はモジュール構造なので、増設が容易にできます。

沖縄セルラー電話株式会社様 3

 

お客様紹介

沖縄セルラー電話株式会社
https://www.au.com/okinawa_cellular/

ビジネス開発部 課長補佐  加賀武史様 ビジネス開発部 課長補佐 
加賀武史様
ビジネス開発部 課長補佐  池島正仁様 ビジネス開発部 課長補佐 
池島正仁様

※掲載内容は、2014年3月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

概要:

概要

生産効率向上には、操業のムダの発掘から改善の気づきを得、改善活動を継続的に実施していくことが求められます。なかでも、省エネルギー対策は見える、分析する、解決する、のサイクルを絶え間なく回していく必要があります。
地道な消灯活動や、ボイラ-、ポンプ、コンプレッサなど個別の原動力設備の省エネルギー対策から始まり、工場全体、企業全体のエネルギー管理(FEMS)へ。そして将来は、地域全体で省エネルギー対策に取り組むことが持続可能な社会の実現につながります。

お客様の課題

お客様の課題

  • 操業のムダの気づきと改善
  • ムダ要因のリアルタイムな特定
  • 職場別・工程別のエネルギー使用目標の定量設定
  • 改善の成果が誰でも、どこでも、いつでも見られる仕組み

 

横河のソリューション

省エネルギー活動は、第一に現状の把握から始まります。エネルギーを計測しグラフや帳票で可視化することで、エネルギーの無駄や省エネ目標値を検討することが出来ます。
多種多様なエネルギーが存在する工場では、その使用状況を把握することが困難です。電力以外の空調機の温度計測、蒸気などの流量計測を行うことでオフィスから生産現場までのエネルギー消費量の把握をすることが出来ます。また、工場の稼働状況に対応したエネルギー消費量も把握することが出来ます。
モノを作るためにエネルギーが必要である一方、品質と生産性重視の傾向からエネルギーの過剰使用が少なくありません。省エネ活動を継続的に進めるために、エネルギー使用の見える化が急務です。

横河のソリューション

横河電機製SMARTDAC+と電力モニタを使用したエネルギー監視のシステムでは、データロガーを使用することで、記録データの品質向上や、ウイルスからの攻撃を防ぐことが出来ます。
また、SMARTDAC+へAIモジュールを追加することで、空調機などの温度データの収集、DIモジュールを追加することで流量計測が可能になり、電力使用量に同期して各種エネルギーの解析が容易になります。
さらに、SMARTDAC+では個別に表示器などを準備しなくても収集した各種データをタブレットなどのモバイル機器で確認することが可能になります。

SMARTDAC+と電力モニタを使用したエネルギー監視のシステム

業種:
アプリケーションノート
概要:

近年、法令などにより、省エネルギーや環境保護への企業の取り組みは高まっており、電力監視ニーズにおいても、工場全体などの大規模な電力監視という単位の他、生産ライン単位、あるいは生産設備機器単位という規模の「小規模電力監視システム」の採用事例が増加してきています。

自動車部品

データアクイジションユニットMW100と電力モニタPR300は、イーサネット接続で「小規模電力監視システム」を構築できます。電力データおよびMW100で収集した温度などのアナログ信号は、MW100のCFカードに保存でき、/M3:レポート機能をMW100に指定し、「電力積算グラフ」をWebブラウザにより遠隔監視できます。

MW100+PR300による小規模電力監視システム

業種:
概要:

工場内各所で使用される薬液使用量やガス使用量、電力使用量などを、総務部門で一括収集・監視します。使用量データは、VisualBasicやExcelマクロなどの自作プログラムを介して日報形式で可視化され、工場全体の効率的な運用に役立てます。

図1:機器系統図

図2:データ処理の流れ

DAQWORXによって、JUXTAからの瞬時流量データやPOWERCERTの瞬時電力データを、最速1秒周期*で監視・記録します。トレンドグラフ、バーグラフ、ディジタルメータなどが予め用意されており、ノンプログラミングでスピーディなシステム構築が可能です。

*接続台数やチャネル数により、最速収集周期は遅くなる場合があります(DAQWORX DAQLOGGERの最大収集点数は、1600チャネルです)。

また、JUXTAからの瞬時流量データはDAQWORX上で積算し、POWERCERTからは累計積算電力量データを直接収集します。これらの積算データを毎正時にTEXT(またはEXCEL)形式のレポートファイルとして保存することで、日報作成*に非常に役立ちます。

*VisualBasicまたはExcelマクロによってお客様が自作された帳票プログラムにより、DAQWORXが作成した8:00、9:00、・・・、翌7:00、翌8:00の計25個のレポートファイルを開き、1時間毎の使用量を24時間分算出します。その使用量データを任意形式で並べ、日報として印刷します。

業種:
アプリケーションノート
概要:

工場のエネルギー(電力、電流、電圧、力率等)を測定。
さらにデータアクイジションユニットMW100との接続により、電力、蒸気、燃料、水、エアー等のデータ収集、ビューアソフトウェアによるデータ監視を行います。

工場のエネルギー監視

監視データから対策を検討できます。

  • 省エネ/エネルギーコスト削減
    電力のピーク負荷カット、効率改善
  • 設備管理
    電力のピーク負荷カット、効率改善
  • 生産設備などの予防保全
    データから異常予知の材料
    集中負荷の分散による設備延命など
  • 設備リプレースのデータ
    旧式設備の稼動状況や改善前後のデータ比較
業種:
アプリケーションノート
概要:

電力モニタ PR300は、製品の電力量、電力、電流、電圧などを一般検査の前後に測定し、異常をチェックすることができます。
出荷前検査の一つとして、不良品のピックアップなどに役立ちます。

製品検査ラインでの消費電力チェック

  • スペースを有効に利用できる小形パネル取付けタイプ
  • 豊富な機能&ハイコストパフォーマンス
  • 高精度±0.25%(電流・電圧)
概要:

記録計をベースにデータ収集・監視・異常検出
省エネや定期点検時の巡回作業軽減のため電力データや変圧器の温度データなどの収集・監視や、電力オーバーで遮断に至る前の予備警報、温度異常などの警報も可能です。

電力モニタとDaqstationによる電力総合監視

電気室やキュービクルなどの配電盤に

  • 収集した電力データを省エネ対策に利用
  • 設備の巡回点検工数を削減
  • 電力データだけでなく変圧器の温度なども同時記録
  • 電気設備の異常をいち早く検出
  • 異常時前後の記録により原因究明、対策に利用
業種:
概要:

電力モニタ PR300とデータアクイジョンユニット MW100を用いたデータ収集システムの特長

  • PR300で高精度に負荷の電流や消費電力などを監視
  • 契約電力に影響するデマンド電力の測定
  • ブラウザ画面でのリアルタイムモニタリング
  • MW100のCFカードによるロギング
  • 最適なシステム構築が可能
  • PCにオンラインでデータ転送
  • アラーム発生時などのE-mail送信機能

 

工場のプロセスデータ&電力データ収集システム例

工場のプロセスデータ&電力データ収集システム例

業種:
概要:

省エネルギー化のための、電力設備監視が容易に実現可能

業種:
電力モニタ PR201、UZ005の代替には電力モニタPR300を推奨します。小形電力モニタ PR300製品情報...
使用出来ますが、測定精度が約5倍悪くなるなどの条件がございます。
電圧や電流の場合はFLOAT32L(32ビット浮動小数点)を選択してください。 積算電力の場合はUINT32L(符号なし32ビット整数)です。
測定しているラインの電圧が100-240VDC±10%以内であれば問題ありません。 ただし、PR300のメンテナンス時に電源をOFFにする場合、元電源もOFFにする必要がありますので、別系統の電源...
可能です。定格2次電流を1Aか5Aで選定してください。 PR300自身の消費VAは0.2VAですので、配線分を含め、CTの定格負担を確認ください。
付録1の入力仕様に記載されております。
PR300はCCC規格対象外の製品です。 中国で使用いただけます。
測定要素は全て、任意の位置(上段、中段、下段)に割り付けることができます。 電圧と電流は指定した相の割付やSELキーによる相表示の切換えも可能です。
>キーで隠れている桁を表示することができます。
パソコンと電力モニタをRS-485などの通信で接続し、各種電力データをパソコン上で管理、帳票作成(日報、月報、年報)、グラフ作成、印刷、リアルタイムデータ表示などができるデータ...
PR300のデマンド測定機能は、設定した時限内の平均電力または平均電流を測定します。デマンド測定期間中の最大値も測定できます。設定したデマンド警報点を超過すると、警報出力(オ...
表示器の単位は、二次側定格電力とVT比、CT比により決まり、固定のため、変更できません。 例. 有効電力量の場合、測定範囲、単位は下表により決まります。 二次側定格電力は下表...
有効電力を確認してください。有効電力がマイナスになっていたり、極端に小さい場合は、下記チェックポイントを確認してください。有効電力がマイナスの時は電力を回生する状態で...
既設の電力量計も監視できますか?
(ns-faq-power-12010-spec-ja)
既設の電力量計がパルス出力付であれば、パルス積算器PR488を使用し、電力モニタデータ収集ソフトウェア PR970などで監視可能です。パルス積算器PR488は、1台に付最大8点の積算パルスを...
有効電力量、無効電力量等の積算電力データは計器電源がOFFしてもデータは保持されます。
低圧、高圧測定の場合、D種接地、特別高圧測定の場合、A種接地です。 (横河製電力モニタと組合せてご使用の場合。なお変流器CTWシリーズは低圧用です。)
VT比、CT比とは何ですか?
(ns-faq-power-12008-term-ja)
一般に高電圧、高電流の交流信号を測定するには、VT(変圧器)、CT(変流器)を用います。一次側/二次側の定格電圧、定格電流の比がVT比、CT比になります。たとえば、定格一次電流/定格二...
電力モニタは1台につき、通常CTを1個~3個使用します。 単相2線式=1個、単相3線式=2個、三相3線式=2個、三相4線式=3個のCTが必要です。
電力モニタはCT比、VT比の設定が必要です。(電力モニタPR300の場合は、相および線式や電圧レンジなどの設定もあらかじめ必要です。) しかし、設定をしても測定値が実際とかけ離れてい...

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ