プラグイン形 RS232C/RS485信号変換器 ML2

ML2は、RS-232CとRS-485の2つのポートを持ち、その間で通信信号の絶縁、レベル変換、およびドライバのアクティブコントロールを行うRS-232C/RS-485双方向通信(半二重)のプラグイン形通信変換器です。
主にパソコンのRS-232CとRS-485を備えた機器の接続に使用します。

  • 終端抵抗内蔵
    • RS-485ラインには終端抵抗220Ωを内蔵
    • 抵抗のあり/なしをDIP SWで選択
  • アクティブコントロールを選択可
    • RS-485ドライバのアクティブコントロールをオートとマニュアルからDIP SWで選択
  • 通信速度の切換え可
    • ロータリSWで300~38400bpsの範囲で切換え可(8段階)
  • 4線式/2線式(RS-485)
    • 端子接続の4線/2線式をDIP SWで選択
  • エコーバック
    • エコーバックのON/OFFをDIP SWで選択
形名 ML2-6 電源:85~264V AC/DC,50/60Hz
ML2-7 電源:12~36V DC (12~48V DC対応)
RS-232C インタフェース RS-232C準拠
伝送方式 半2重通信
同期方式 調歩同期式
適用伝送速度 38400,19200,9600,4800,2400,1200,600,300(bps)
コネクタ形状 D-Sub 9ピン(オス)
推奨ケーブル ストレートケーブル(クロスケーブル不可)
終端抵抗 なし
伝送距離 最大15m
RS485 インタフェース RS485準拠
エコーバック ON/OFFの選択可
伝送方式 半2重通信
同期方式 調歩同期式
適用伝送速度 38400,19200,9600,4800,2400,1200,600,300(bps)
コネクタ形状 8ピン端子台(M3.5ねじ)
推奨ケーブル 0.9mm2以上のシールド付ツイストペアケーブル
終端抵抗 220Ω(有り/なしの選択可)
伝送距離 最大1.2km
外形/質量 51×86.5×123mm /約60g

外形寸法図

ML2外形寸法図

信号変換器 JUXTAシリーズのご紹介

信号変換器とは、計測・制御におけるフィールドの各種センサ(熱電対、測温抵抗体、伝送器、流量計、ロードセル、ポテンショメータなど)や空気式計器など計装設備のアナログ信号(4-20mADC、1-5VDCなど)、および、RS-232C、RS-485、接点などのデジタル信号を、上位システムが取り込み可能な信号に変換する機器です。
信号変換器JUXTAでは、制御盤に組み込むDINレール対応、プラグインタイプなどそれぞれの設置環境に応じた変換器を各種ご用意しております。

信号変換器:分類から探す

制御盤に組み込むDINレール対応、プラグインタイプなどそれぞれの設置環境に応じた変換器を各種ご用意しております。

取扱説明書
一般仕様書

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ