下水道展'18北九州

日付: 2018年7月24日-27日
所在地: 西日本総合展示場
会場: 西日本総合展示場 | 展示ブース ブース位置:新館 A-615

「下水道展‘18北九州」は閉幕いたしました。 多数のお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

YOKOGAWA は公益社団法人 日本下水道協会主催による「下水道展‘18北九州」に出展いたします。
本展示会では、「YOKOGAWAは国内外のライフラインへ最適ソリューションを提供します」をテーマに、弊社独自開発の技術を分かりやすく解説し、実際に製品をご体感いただけます。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

下水道展

 

開催概要

名称 下水道展'18北九州
会期 2018年7月24日(火)  ~  27日(金)  10:00~17:00
※ 初日:10:30~17:00/最終日:10:00~16:00
会場 西日本総合展示場 ブース位置:新館 A-615
主催 公益社団法人 日本下水道協会
入場登録料 無料(事前登録制)
お申込み 申込みは終了いたしました

 

出展内容

  • プロセス制御ソリューション
    安定した運転管理を実現する信頼性・継承性に優れた監視制御システム(CENTUM VP)を紹介します。
     
  • 海外向け監視制御ソリューション
    海外水市場において多くの納入実績を持つSCADAシステム(FAST/TOOLS)を紹介します。
     
  • 送風量制御ソリューション
    下水処理場の運転実績データをデータ駆動型モデル化技術(Data Driven Modeling)に適用しプロセスモデルを作成。省エネ制御に適用した事例を紹介します。
     
  • 維持管理ソリューション
    産業用IoT向け小型無線センサ(Sushi Sensor)の振動データをクラウドに収集。クラウド型設備保全管理システム(eServ)とのデータ連携・データ活用を紹介します。
     
  • 現場作業支援ソリューション
    中央操作室から現場作業者へ作業支援するために、AR(拡張現実)技術を活用したコミュニケーションツールを紹介します。
     
  • 水位監視ソリューション
    IoT対応の通信機能を内蔵した電池駆動水位計とクラウドシステムによる遠隔監視を紹介します。
     
  • 分析計・フィールド機器
    全窒素・全りん自動測定装置、pH/ORP計、電磁流量計、投込み式水位計を展示します。

 

会場のご案内

西日本総合展示場
〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1
会場へのアクセス

関連業種

関連製品&ソリューション

CENTUM VP

統合生産制御システム 「CENTUM VP(センタム・ブイピー)」は、プラントの設計から、エンジニアリング、システム・機器の据え付け、生産立ち上げ、さらには稼働後の改修や変更を経て運転を終了するまで、プラントのライフサイクルにわたり最適な操作・エンジニアリング環境をお客様に提供します。

eServ

保全員の"考える保全"を支援します。 いつでも、どこでも、誰にでも使えてすぐに効果を実感できる、現場で働くひとりひとりが考え行動する、日本の保全スタイルを目指して作り上げたシステムです。

広域分散監視 SCADAソフトウェア (FAST/TOOLS)

SCADAソフトウェア FAST/TOOLSは、IO点数が50点程度の小規模なシステムから、数百万点規模の大規模なシステム、何千kmにも渡って設備が分散しているパイプラインシステムにいたるまで、多様な規模、形態のシステムに対応可能です。

トップ