SMARTDAC+ GX/GP/GMシリーズでSLMP通信の設定をしましたが、通信できません。SLMP通信状態画面およびSLMPログ表示画面を確認すると、状態(ファクター)に「黄色のひし形とERROR:4031」が表示されています。

SLMP通信で発生する黄色エラーは、全てPLC側から返信されたエラーコードになります。
エラー4031は「CPUデバイス指定エラー」です。指定したデバイスが範囲内か、ご確認ください。
(ご参考:SLMPのデバイス開始番号は16進数で指定します。)

関連製品&ソリューション

データアクイジション システム GM

SMARTDAC+ データアクイジションシステム GM は、簡単に必要なモジュールを自由に組み合わせられるYOKOGAWA独自のブロック構造を採用した、汎用性と拡張性に優れたデータロガーです。設置後もすべてのモジュールが独立して着脱できるため、メンテナンス性にも優れています。

ペーパレスレコーダ GP10/GP20

SMARTDAC+ GP10/GP20は、直感的なタッチパネル操作を実現した、ポータブルタイプのペーパレスレコーダです。入出力はフレキシビリティの高いモジュール構造で、さまざまな測定対象に対応します。

ペーパレスレコーダ GX10/GX20

SMARTDAC+ GX10/GX20は、直感的なタッチパネル操作を実現した、パネル取付タイプのペーパレスレコーダです。入出力はフレキシビリティの高いモジュール構造で、さまざまな測定対象に対応します。

トップ