横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

DO70Gの校正方法、および、ばっ気槽での推奨校正頻度はどれ位ですか?

校正方法は、ゼロ液と大気飽和水の2点校正です。
推奨校正頻度は測定液の状態に依存するので、まず、従来の校正周期を踏襲することをお奨めします。
参考に、公共排水ばっ気槽1mg/l 測定時で、3か月間校正無しでの実績があります。

関連製品&ソリューション

蛍光式溶存酸素検出器 DO70G

汚れによる影響が少ない蛍光式を採用し、電解液を使用しない構造のため、長時間の安定した連続使用が可能な検出器です。下水処理場や排水処理汚泥処理場などの水処理場で使用に最適です。デジタル通信対応でFLXA402液分析計と組み合わせて使用できます。

トップ