地熱発電の蒸気圧力モニタ

概要

地熱発電所は、地熱エネルギーを利用して発電します。蒸気タービンを備えた他の発電所に似ていますが、発電用タービンを回す蒸気は地球内部から得られるものです。生成された蒸気は発電のためタービンを回すことに使用されます。発電方式にはドライスチーム、フラッシュスチーム、バイナリサイクルがあり、バイナリサイクルが現在最も一般的です。地熱発電では、今回の案件のように蒸気配管が計器室から離れていることが多く、そのような条件下でもさまざまなプロセスをモニターする必要があります。

概要

 

利点

  • 導入費用(CAPEX)の削減:高利得アンテナによって最長5kmまでの遠隔モニタリングが可能です。
  • ISA100 Wirelessにもとづくオープンでスケーラブルなネットワーク設計によって、柔軟性とスケーラビリティが改善します。
  • 長寿命バッテリーで最小限のインフラ:30秒ごとの測定で10年の寿命を持つバッテリーが、保守の費用と作業を削減します。
  • 計器室から2km離れていても蒸気圧を遠隔モニターできるため、パトロール回数が減少します。

 

要件

ローカル制御室において、操業部門にも情報を伝達できるオンラインモニタを実現するため、生産井の既存圧力ゲージをワイヤレス圧力伝送器に交換する必要があります。測定点は、勾配1:20の斜面に広がった森林内に位置しています。この条件が、無線通信を困難にしていました。

 

課題

  • 森林内での長距離通信
  • アンテナの伝搬角度

課題

 

ソリューション

蒸気抽出点までの長距離通信を可能にするために、6dBiアンテナを取付けたYFGW710が計器室の近くに据付けられました。ワイヤレス温度伝送器YTA510に高利得アンテナを取付けて中継器として利用し、全測定点をカバーできるようにしました。ワイヤレス圧力伝送器EJX110Lが、必要な測定点に直接取付けられました。Sky Mesh法を実現するためリモートアンテナケーブルが有効利用されました。アンテナは角度を付けて配置し、傾斜のある森林内でワイヤレス通信の障害物を避けられるようにしました。

 

まとめ

  • 高利得アンテナの優れた性能によって、中継器1台だけでゲートウェイと確実に通信を行うことができ、また必要な距離をカバーすることができました。
  • 現場の状態と安全を確認するパトロールの実施間隔を毎日から毎月に延ばすことができました。
  • ワイヤレスネットワークであるため、将来、測定点を容易に増やすことができます。

業種

関連製品&ソリューション

EJX110L 差圧・圧力伝送器

EJX110L 差圧伝送器は、気体、液体、蒸気の圧力の測定に使用され、測定差圧に対応した値を無線信号に変換して伝送します。

YTA510 温度伝送器

YTA510 温度伝送器は,温度をIEC 規格の熱電対(TypeK,E,J など8 種類)あるいはIEC 規格の測温抵抗体(Pt100 など3 種類)の信号として入力し,測定値に対応した値を無線信号に変換して伝送します。温度信号の他,設定パラメータの送受信も無線通信で行うことができます。電池駆動の場合には,信号線のみならず電源配線も不要になり,大幅な設置コスト削減が期待できます。通信仕様はISA100.11a に適合しています。

フィールド無線

横河フィールド無線ソリューションの柔軟性は、インフラに対する大きな投資を必要とせず、プラントオペレーションのより詳しい情報取得を可能とします。

無線インフラ

横河電機はIoTを実現するISA100互換のゲートウェイ、アクセスポイント、メディアコンバータおよび管理ステーションを提供します。お客様のニーズに合致するネットワークを構築することができます。

無線差圧・圧力伝送器

横河はISA100無線に準拠した圧力伝送器をフルラインナップで提供します。ラインナップには、各種のプロセス接続方式が準備された差圧、絶対圧、ゲージ圧の伝送器が含まれます。

無線温度伝送器

横河電機は、2入力のYTA510と多点入力のYTMX580温度伝送器を提供します。

トップ