ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ
jp

2019年1月プレスリリース

2019年1月17日発表

OpreX Asset Management and Integrityのラインアップとして、キャビテーションをリアルタイムに検知する「キャビテーション検知システム」開発・発売
~設備劣化の早期検知によりプラントの保全活動の効率化を支援~

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、OpreX™ Asset Management and Integrityのラインアップとして、キャビテーション※1をリアルタイムに検知することで、ポンプの劣化防止と保守作業の効率化を支援する「キャビテーション検知システム」を開発、1月31日から発売しますのでお知らせします。

本システムは、ポンプが振動や異音が発生する前の初期状態のキャビテーションを検知し、定量化して示すことでプラントの保全活動の効率化を支援します。

※1 キャビテーション
 流れる液体中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象。消滅の際に発生するエネルギーが設備にダメージを与える。

開発の背景

ポンプの劣化や破損の原因の一つに、キャビテーションが挙げられます。現場では設備へのダメージを最小限にするためにキャビテーションを早期に把握し、流量を調整するなどの対策を講じる必要があります。ところが、キャビテーションを定量的に把握する手段が確立していないことに加え、設備内部で発生する現象であるため目視による確認ができず、現場では経験とノウハウに基づいて、キャビテーションが大量発生した際に起きる振動や異音からキャビテーションの有無を検知してきました。この方法では、経験の浅い保全員には検知が困難であり、かつ熟練者でも振動や異音が起きる前のキャビテーション発生の初期段階では検知できないという課題がありました。

当社は、キャビテーションが流体の圧力差によって発生することに着眼し、圧力データからキャビテーションを定量的に把握できる「キャビテーション検知システム」を開発しました。

新製品の特長

  1. リアルタイム検知で設備の劣化防止と保守作業の効率化を支援
     ネットワークベース生産システム「STARDOM ™(スターダム)FCN-500」が、産業用デジタル通信規格であるFOUNDATION™フィールドバスに対応したネットワークを経由し、入出力精度±0.075%の高精度な差圧伝送器「DPharp EJX110J(ディーピーハープ)」から100ミリ秒(ms)周期※2で圧力データを収集します。「STARDOM FCN-500」には、今回独自に開発したキャビテーション検知用ロジックプログラムが搭載され、キャビテーションの有無をリアルタイムで演算します。現場では、定量的な把握が困難だったキャビテーションをリアルタイムに把握することで、生産ラインに影響しない範囲で流量を落とすなどの対策を迅速に講じ、キャビテーションによる設備の劣化を抑えることができます。

    ※2 差圧伝送器「DPharp EJX110J」は、秒単位の周期で圧力データを制御システムに出力して監視制御用途で活用されていますが、内蔵メモリには100ミリ秒(ms)単位の周期で測定した圧力データを保持しています。

[ 検知可能なキャビテーションレベル ]
検知可能なキャビテーションレベル

[ キャビテーション検出システム ]
キャビテーション検出システム

  1. プラントで起きる不具合事象の要因分析を支援
     バルブやポンプなどの設備に関する不具合事象の要因には、バルブの開度、流量、原料の粘度など液体の性質に由来するもの、外部環境の変化、キャビテーションなどさまざまなものが考えられます。これまで現場では、経験とノウハウに基づいて分析するか、解析ツールを活用して分析し、設備の改良設計や運用の改善策を検討していましたが、新システムを活用することでキャビテーションを定量的に把握できるようになり、要因分析の効率向上が実現します。

主な市場

石油、石油化学、化学、鉄鋼、紙パルプ、水道、薬品、食品など

主な用途

キャビテーションによる劣化が懸念されるポンプの保全

OpreXとは

OpreXとは、制御事業の包括的ブランドです。お客様との価値共創を通じて培ってきたYOKOGAWAのテクノロジーとソリューションの卓越性を表し、YOKOGAWAの全ての制御関連製品、サービスとソリューションを包含しています。OpreX Transformation 、OpreX Control 、OpreX Measurement 、OpreX Execution 、OpreX Lifecycle の5つのカテゴリーから成り立ち、キャビテーション検知システムはOpreX Transformationのソリューションの一つであるOpreX Asset Management and Integrityに属します。OpreX Transformationは、企業活動全体を俯瞰し、生産からサプライチェーン、リスク管理や経営までの領域を含む卓越したオペレーションを実現する包括的ソリューションを意味します。

YOKOGAWAはこのブランドのもと、お客様のビジネス課題解決の視点で、お客様の変革と成長を支援する統合ソリューションを提供していきます。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ


ページのトップへ

プレスリリース 2019年


お問い合わせ


TOP