ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ
jp

2018年6月プレスリリース

2018年6月5日発表

制御事業ポートフォリオ全般を包括するOpreXブランドを策定

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、制御事業の新しい包括的ブランド「OpreX(オプレックス)」を策定しましたのでお知らせします。「OpreX」は、お客様との価値共創を通じて培ってきたYOKOGAWAのテクノロジーとソリューションの卓越性を表し、YOKOGAWAのすべての制御関連製品、サービスとソリューションを包含しています。YOKOGAWAはこの新「OpreX」ブランドをもって、お客様のビジネス課題解決の視点で、お客様の変革と成長を支援する統合されたソリューションを提供していきます。

OpreX

新ブランドは、以下の5つのカテゴリーから成り立っています。

  • OpreX Transformation : 企業活動全体を俯瞰し、生産からサプライチェーン、リスク管理や経営までの領域を含む卓越したオペレーションを実現する包括的ソリューション
  • OpreX Control : お客様の経営や操業の変更に迅速に対応し、高効率かつ高品質、そして安全で安定した操業基盤を支える制御システム
  • OpreX Measurement : 高精度な測定、データ収集、分析を可能にする現場機器やシステム
  • OpreX Execution : 世界各国での実績と経験に基づく、柔軟で機敏なプロジェクト遂行サービス
  • OpreX Lifecycle : お客様に寄り添い、プラントのライフサイクルにわたり、最適な操業を実現する維持・改善サービス

今後、YOKOGAWAはOpreXブランドのもとに製品、サービスおよびソリューションのポートフォリオを充実させていきます。これにより、制御分野のお客様に対して進めている統合的なアプローチを具現化し、制御事業のビジネスコンセプトである「Synaptic Business Automation」の実現を可能にします。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

関連ページ

本件に関するお問い合わせ


ページのトップへ

TOP