横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

Vol.64 No.1 (2021)

No.1 横河のDX 特集

巻頭言 DXの世界的潮流と日本の製造業の役割 (PDF:614KB/2ページ)

  • 加茂 純*1

*1 一般社団法人 CDO Club Japan 代表理事


横河電機のDigital Transformation(DX)への取り組み (PDF:3120KB/6ページ)

  • 舩生 幸宏*1

*1 執行役員(CIO),デジタル戦略本部 デジタルソリューション本部 DX-Platformセンター

   横河電機がDigital Transformation(DX)を本格的にスタートしたのは2018年にさかのぼる。現在の中期計画であるTransformation 2020(TF2020,2018-2020)の重要事項として掲げられていることもあり,これまでの約3年間においてDXを推進するための取り組みが活発に行われてきた。
   当社におけるDXは,主に社員の生産性向上に焦点を当てたInternal DXと,顧客向けに付加価値のあるデジタルサービスを開発および提供するExternal DXに大別されるが,これらは,Internal DXで試行錯誤した結果をExternal DXに繋げるShow Roomアプローチを採ることにより有機的に統合される。DXのプラクティスや方法論は未だに十分には確定しておらず,試行錯誤をしながら進めていかざるを得ない状況であることは周知の通りである。
   本稿では,当社のDXに関するこれまでのアプローチを概観し,DXプラクティスの一例としての情報を読者に提供する。


データドリブンマネジメント化への取り組み (PDF:967KB/6ページ)

  • 加藤 享夫*1

*1 デジタル戦略本部 グローバルアプリケーション・データマネジメントセンター 戦略システムソリューション部

   自社の競争力維持・強化のために,世の中のあらゆる企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている。横河電機もDXの一環としてデータドリブンカルチャーの醸成に取り組み,経験や勘ではなく,データに基づいて意思決定を行うことを習慣化しようとしている。
   具体的には,専門的なデータ分析の知識やスキルを持ったデータサイエンティストではなく,Self-service Business Intelligence(Self-BI)ツールやSelf-service Machine Learning(Self-ML)ツールを利用し,データを利活用できる社内の人財,いわゆる市民データアナリストを育成・確保すべく,YOKOGAWAグループ全体でVDA(Virtual Data Analyst)の推進活動を進めている。本稿ではその取り組みを紹介する。


デジタル技術を活用したCX向上への取り組み (PDF:985KB/4ページ)

  • 梶川 俊一*1

*1 デジタル戦略本部 DX推進部 DX企画課

   近年,ビジネス環境が大きく変化するなか,企業が各種データを有効に利用するためにデジタル技術を活用する重要性が増している。デジタル技術活用が加速する際,重要なキーとなるのがカスタマーエクスペリエンス(Customer Experience: CX)である。企業は,デジタル技術を活用することで,顧客との取引前の段階から取引後のサポートに至るまでの一連のプロセスにおいて,顧客に価値を提供することが求められている。本稿では,横河電機におけるデジタル技術を活用したCX向上の取り組みを紹介する。


工場におけるデータ駆動型マネジメントを実現するDigital Factoryへの取り組み (PDF:4202KB/8ページ)

  • 藤原 秀樹*1

*1 デジタル戦略本部 DX推進部 デジタルファクトリー課

   製造業種におけるOperational Technology(OT)領域のDigital Transformation(DX)化が加速する中,横河電機のソリューションやノウハウは重要な役割を担っている。それらをユーザへ提案する際に,我々が自社工場のOT領域データを活用し,生産性の向上を実現している姿を示すことは,ユーザが参考にできる有用な先例となる。我々は,OT領域データの活用によるデータ駆動型マネジメントを目指し,次の3つを実現した工場をDigital Factoryと定義し,自社工場のDX化を推進している。それらは,①横河グローバル工場のOT領域データを1つに集約,グローバルに生産性向上を実現させるための基盤となるOT Data Lakeの構築,②OT領域データや画像を活用して最適化・自動化を実現するAIの導入,③COVID-19のように,人の自由な往来が制約される環境下においても,事業や業務の継続を可能にするリモートオペレーションの実現,の3つである。このDigital Factoryへの取り組みは,自社向けのInternal DXの施策の一つであるが,ここから得られるソリューションやノウハウなどの成果はExternal DX活動に活かされ,既存ビジネスのDX化,新規DXビジネスの創出を推進するとともに,ユーザへ提供する価値を向上させ,DXにおける横河電機のプレゼンスを確立させる役割を持つ。本稿では,Internal DXへの取り組みと,External DXへの展開について紹介する。


IT/OT統合環境におけるセキュリティへの取り組み (PDF:2073KB/6ページ)

  • 塩崎 哲夫*1

*1 デジタル戦略本部 グローバルインフラ・セキュリティセンター

   横河電機(YOKOGAWA)では,2019年から社内システムのセキュリティ監視の内製化を推進し,さらには社外向けモノのインターネット(IoT: Internet of Things)サービスのセキュリティ監視も始めている。セキュリティ監視センター(SOC: Security Operation Center)の社内開発については,その技術的な難しさや運営体制の問題から自社開発を躊躇する企業も多い。本稿では,SoCを社内開発した経緯,その技術的なポイント,運用体制について説明し,YOKOGAWAのサイバーセキュリティに対する方向性を紹介する。


Digital Transformation in Process Industries (PDF:1114KB/6ページ)

  • Joseph Ting*1

*1 Digital Customer Experience, Digital Platform Center, Yokogawa Electric International Pte. Ltd.

   Historically, manufacturers have taken a cautious and incremental approach to change in order to minimize risk and deliver mission-critical levels of availability, safety, and security. For decades, technology has made it possible to do what people already do, but more economically and efficiently.
   Today, the digital revolution is making it possible to fundamentally rearrange industries, companies, departments, and societies. Operations and manufacturing must improve flexibility and agility while maximizing return on investment (ROI) in order to ensure sustainable profitability. Increasingly, companies look to digital transformation (DX) to accomplish these.
   This paper explains how process industries are thinking about digital transformation, how it relates to business models and strategies, and what the macro enablers are. It also describes the convergence of information technology and operational technology and the impact on the industrial automation (IA) technology stack (making IA smarter). Where to digitalize operations and manufacturing (value map) is explained, along with the roles of leadership and organizational change management, and practical steps toward DX.
   A successful transformation rests on IT and OT convergence combining a structured approach, willing leadership, and partnering with experts who understand the business process, technology, and organizational needs.


Yokogawa Cloud Architecture for Smart Manufacturing (PDF:1328KB/8ページ)

  • M K Naveen Kashyap*1

*1 Digital Innovation & Services, Digital Platform Center, Yokogawa Electric International Pte. Ltd.

   Digital transformation (DX) is the application of digital technologies and the power of information to an organization’s people, processes, and systems with the aim of radically reorienting its business performance. Smart manufacturing is a form of DX applied to the manufacturing side of an enterprise. The goal of many smart manufacturing initiatives is the realization of autonomous operations. Key among factors that define the success of DX and smart manufacturing is digital enterprise architecture, which captures the tech stack and its interplay with existing systems and business processes.
   DX architecture captures the entire value creation process, from data capture to value delivery, by way of various software applications and augmented offerings. This paper describes the essence of Yokogawa’s DX architecture in terms of six layers, starting from the “plant floor,” which combines existing production assets and associated IT assets. The topmost layer comprises augmented offerings that allow services such as consulting, engineering, system integration, and support to convey the created value to the customer. The four layers in between—edge, computing infrastructure, platform, and applications—represent the key technological elements that make DX a potential reality.


Supply Chain Digital Transformation for Profitability and Sustainable Operations: Industry Needs and Recent Achievements (PDF:1472KB/6ページ)

  • Mike Aylott*1

*1 Chief Technology Officer, KBC (A Yokogawa Company)

   Hydrocarbon processing industries face many pressures in maintaining their social licenses to operate in affordable and ultimately profitable ways. Climate change and the coming energy transition will lead to a world of rapidly changing supply and demand patterns that will cause difficulties for organizations trying to adapt to the changing world order. This paper examines how digital technologies can build on current operations planning, scheduling, and control practices to help organizations meet these demands. This paper goes beyond conventional digitization and procedural automation to look at the bigger picture, using examples drawn from KBC’s history of yield- and energy-based profit improvement, translated through Yokogawa’s digital technologies to our fast-moving world of continuous change and improvement. It explains our current activities and how we are using data sciences to build on our first-principles, physics-based modeling tradition.


プロセス産業におけるAIの適用 (PDF:5570KB/8ページ)

  • 鹿子木 宏明*1

*1 横河プロダクト事業本部 コントロールセンター

   AIを用いてプラントの問題を解決しようとする場合,参考にできる研究がすでに存在するかどうかによってアプローチが異なってくる。本論文では,まず参考にできる既存のAI研究を見極める具体的な方法と理由を論じる。対象としている問題に利用できそうなAI研究がすでに存在する場合には,問題解決に適した公開アルゴリズムを利用し,用途に合わせてAIプラットフォームを選択することが重要となる。一方,そういったAI研究がまだ存在しない場合には,独自にドメイン知識とAI技術を深く融合させる必要があり,そのことが最大の難関となる。本論文で提示した解決方法は,プラントエンジニア自身がAIを駆使できるようにするというものである。今後の展望として,AIによるプラント自律制御も研究が進んでおり,プラントの未解決問題に対する将来のソリューションの一つになることが期待される。


オンライン厚さ計WEBFREX NV用新フレームQC1F16 (PDF:1147KB/4ページ)

  • 古賀 悠策*1
  • 谷藤 大輔*2
  • 原 峻士*3

*1 横河プロダクト本部 センシングセンター アナライザー企画部
*2 横河プロダクト本部 センシングセンター 開発統括部 アナライザー部
*3 横河プロダクト本部 営業センター アナライザー営業統括部 P&Wソリューション営業部

   横河電機は1962年に製膜装置用のオンライン厚さ計を発売開始して以来,測定・制御技術を進歩させながら,紙やフィルムなどのシート状製品の品質と生産性の向上に貢献してきた。現在,紙向けにB/M9000VP,紙以外の汎用シート向けにWEBFREX NV,電池電極シート向けにWEBFREX3ESの3機種をラインアップしている。近年,EV(Electric Vehicle)シフトによるリチウムイオン電池プラントへの投資が活況となるなか,電池電極シート向けの厚さ計WEBFREX3ESが広く利用されている。リチウムイオン電池の部材であるセパレーターシートの需要も高まっており,特に海外市場が拡大している。このような背景を受け,今後ターゲットとする市場のニーズに応え,各国の法令やIoT(Internet of Things)化に対応し,さらに保守性を向上させるための新しいプラットフォームとして,WEBFREX NV QC1F16(F16 フレーム)を開発した。本稿では,F16フレームの特徴とそれを実現する技術について紹介する。



トップ