横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

健康経営

健康基本方針

健康経営

横河ソリューションサービスは、2014年4月に策定した「健康基本方針」に則り、社員の健康保持、健康増進プログラムの実施等に取り組んできました。

また、2016年9月に、健康経営に関するYOKOGAWAグループ共通方針として「健康宣言」が制定されたことにより、「健康経営」を会社の重要な取り組みの1つと位置づけ、社員の健康に関する各種活動を強化した結果、健康経営優良法人認定制度(※)において、2018年、2019年、2020年と連続して「健康経営優良法人」の認定を受けました。

※健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営優良法人2020

今後も、「健康基本方針」に則り、社員の健康維持、健康増進プログラムの更なる改善を図り社員の活力や生産性の向上等、個人と組織の活性化を目指します。

 

健康基本方針

2014年4月に制定した当社の健康・Well-being に関する基本方針の基本にある考え方は、会社の継続的発展のためには、社員一人ひとりがその能力を最大限に発揮し、生産性の高い仕事をなし続けることが必須であり、そのためには社員が幸福感を持って、いきいきと仕事をしていることが大切であるとの考え方です。

健康基本方針(Well-being基本方針)

 

2014年4月1日制定
2018年4月1日改定
横河ソリューションサービス株式会社
社長 村井 哲也

   

 

 

 

社員の活力と健康は個人と会社にとって最も重要な財産であるという理念のもと 以下の基本方針に沿って活動を推進する。

 
  • 社員一人ひとりのWell-beingの実現とともに、能力を最大限に発揮できるよう、個人と組織の活性化を図る。
  • 社員がいきいきと安心して働ける職場環境づくりを推進する。
  • 関連法規の要求事項を遵守するとともに、社員の健康情報の適切な管理に努める。

 

YOKOGAWAグループ健康宣言(2016年9月)
「YOKOGAWAは、心身の健康の維持・増進に自ら務める社員を支援し、いきいきと活力のある職場を作り、より豊かな人間社会の実現に貢献できる会社を目指します。」

健康経営推進体制

横河ソリューションサービスでは、以下の体制で健康経営を推進しています。

健康経営推進体制

健康経営取り組みの一例

健康増進のスローガン「Happy Body 0510」による取り組み

生活習慣病予防やがん予防の基本である「運動」「食事」「禁煙」に注目して、 それぞれわかりやすい目標値を設けて、健康増進や仕事の生産性向上につなげようとする取り組みです。

取り組みの一例

 

いきいきフェス(健康イベント)の開催

楽しい体験を通して、健康への関心を高め、より良い生活習慣を身につけることで社員一人ひとりの健康増進を図る目的で健康イベント「いきいきフェス」を開催しています。

  • 体組成・握力・野菜摂取量等の各種測定
  • 「食」「禁煙」に関する情報提供と体験
  • 運動セミナー実施など
  • ► 2017年度 本社開催 参加者:418名 参加率:19.8%
  • ► 2018年度 9拠点開催 参加者:365名 参加率:39.3%
  • ► 2019年度 5拠点開催 参加者:216名 参加率:61.2%

 

健康セミナーの開催

ヘルスリテラシーの向上や健康に関する意識の醸成、“社員が健康で幸せ(Wellbeing)であること”を目指し、セミナーを開催しています。テーマ選定にあたっては、社員からの要望を取り入れています。

  • ► 2017年度:女性の健康に関するいきいきセミナー 参加者:292名(女性参加率:48.0%)
  • ► 2018年度:快眠いきいきセミナー 参加者:361名 参加率:14.6%(女性参加率37.7%)
  • ► 2019年度:腸活セミナー 参加者:283名 参加率:11.2%(女性参加率33.5%)

 

禁煙キャンペーンの実施

たばこ0(ゼロ)の環境づくりを目指して「禁煙は愛です」を合言葉に、禁煙したい社員とサポーターとして禁煙を勧めたい社員や喫煙者の家族を対象に「いきいき禁煙キャンペーン」を実施しています。

  • プログラム:サポーターや産業保健スタッフのもと4か月間の禁煙に挑戦し卒煙を目指します。
  • ► 2019年度:参加者:29組/66名(挑戦者+サポーター)、禁煙達成率:69.0%
  • ► 2020年度:参加者:19組/45名(挑戦者+サポーター)
トップ