株式配当・株主優待

剰余金の配当の決定に関する方針

株主の皆様に対する利益還元は経営の最重要施策の一つと認識し、利益成長を通じて安定的・継続的な増配を目指します。具体的には、業績および中長期的な株主価値の最大化に向けた投資資金の確保、成長投資を支える財務基盤の維持を総合的に勘案しながら、連結配当性向30%を上回る配当水準の確保に努めます。また、一時的な要因で業績が悪化した場合においても、株主資本配当率を踏まえた安定的な配当の維持を図ります。

配当基準日 毎年3月31日および9月30日

配当金の推移

2018年度 32円00銭
2017年度 30円00銭
2016年度 25円00銭
2015年度 25円00銭
*100周年記念配当5円00銭を含む
2014年度 12円00銭
2013年度 12円00銭
2012年度 10円00銭
2011年度 5円00銭
2010年度 0円
2009年度 2円00銭
2008年度 16円00銭
2007年度 16円00銭
2006年度 15円00銭
2005年度 15円00銭
*90周年記念配当5円00銭を含む
2004年度 7円50銭
2003年度 7円50銭
2002年度 7円50銭

株主優待

株主優待制度はございません。

トップ