横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

eラーニング Exapilot基礎

概要

 Exapilotの構築機能と運転機能を学びます。
 構築ウィンドウでのプログラムの作成方法を学び、運転ウインドウを使ってプログラムを実行させます。

コース

 ●基本コース
  Exapilotを導入される初心者の方。
  ・Exapilot基礎(コースコード:EEXP01M0)

 ●パックコース
  「基本コース」を5ユーザ、10ユーザ、15ユーザ単位で講座(ライセンス)を提供するお得なコースです。
  ・Exapilot基礎( 5ユーザパック)(コースコード:EEXP10M0)
  ・Exapilot基礎(10ユーザパック)(コースコード:EEXP20M0)
  ・Exapilot基礎(15ユーザパック)(コースコード:EEXP30M0)
  ※16ユーザ以上の場合は、見積にて対応します。

  パックコースは、必要なユーザ数と同数のユーザパックをお申込みください。
  ユーザパックの不足分は、基本コースをお申込みください。
  例)「Exapilot基礎」コースを7ユーザお申込みの場合
     5ユーザパック(EEXP10M0):1つ
     基本コース (EEXP01M0):2つ

コース構成(所要時間:約3時間20分)

 第1章 Exapilotの目的と位置づけ(約5分)

 第2章 業務作成の基本知識と基本操作(約1時間7分)
   1.業務作成に必要な基本用語
   2.機能構成
   3.業務構築機能の関連ウィンドウ
   4.パレットウィンドウと工程部品
   5.流れ線の定義と選択
   6.工程部品の定義
   7.工程ユニットと階層化
   8.運転準備

 第3章 業務の課題の提示(約8分)

 第4章 業務の課題の作成(約18分)
   1.構築メインウインドウの起動
   2.業務名指定、構築ウインドウの起動
   3.業務フローの作成

 第5章 運転の基礎知識と基本操作(約27分)
   1.運転メインウィンドウの起動
   2.業務開始ウィンドウ
   3.運転ウィンドウの構成
   4.工程部品のステータスとコマンド
   5.運転ツールバーとコマンド操作
   6.運転ウィンドウの再表示

第6章 業務の運転(約23分)
  1.業務の運転開始
  2.メッセージ表示エリアの意味と操作
  3.データ表示運転機能とデータ設定ウィンドウ
  4.業務の運転再開

第7章 変数(約10分)
  1.変数について
  2.Exapilotの変数の規約
  3.工程ユニット変数の使用例

第8章 有効な操作・機能の紹介(約33分)
  1.グリッドの表示
  2.業務コピー
  3.文字列検索と置換
  4.図の挿入
  5.予備工程ユニット
  6.予備工程ユニットの復元方法と削除
  7.自動スクロール機能の解除と設定
  8.工程部品の初期化と再実行
  9.業務手動終了
  10.発生場所ボタンの操作

補足資料(約3分)
  データアイテムとステータスの対応

受講料

No. コースコード コース名 受講料(円)
(税込)
1 EEXP01M0 Exapilot基礎 33,000
2 EEXP10M0 Exapilot基礎(5ユーザパック) 154,000
3 EEXP20M0 Exapilot基礎(10ユーザパック) 297,000
4 EEXP30M0 Exapilot基礎(15ユーザパック) 440,000

お申込み方法

 「お申込み用紙」でのお申込をご希望の方は、eラーニング受講申込書に必要情報を記入し、
 トレーニングセンターへE-Mailにて送付してください。
 お申込み用紙はこちら

 ●メール記載例
  宛先:tc_info@cs.jp.yokogawa.com
  件名:eラーニング申込
  ------------------------------------
  eラーニングを申込みます。
  氏名:XXXX
  会社名:XXXXXXXXXX
  TEL:xxxx-xx-xxxx

 ●お申込み時注意事項
 ・責任者様分も受講をご希望の場合は、受講者欄にお名前をご記入ください。
 ・複数ユーザでお申込みの場合は、受講希望者様分のメールアドレスをご記入ください。
 ・受講者様のお名前がない場合は、IDのお渡しはできかねます。

 その他、お申込み内容に不明点があった場合は、都度トレーニングセンターよりご確認させていただきます。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ