プローブ形レーザガス分析計 TDLS8100

省スペースで設置コストは1/2以下*
直接高速応答・高速測定

-サンプリングを使わずに、直接高速応答・高速測定・高精度に測定したい。でも、スペースや高温危険場所など、設置エリアに制限がある-

そんな問題を解決するレーザガス分析計です。
既設サンプリング装置からも容易にリプレースできます。

石油、石油化学、電力、鉄鋼等の各種プロセスにおいて、O2、CO、COまたはCH4や、近赤外線領域に吸収を持つガス濃度を測定することができます。

*一般的な透過型レーザガス分析計との比較

特長とメリット

設置コスト、メンテナンスコストを削減

  • コンパクト設計で直接ダクトに片側からのみ取付
  • サンプリング装置不要で省スペース対応でかんたん設置
    → 設置に関する詳細はこちら
  • 各種診断機能搭載
  • 最大50日分のトレンドデータを保存することが可能

高速・高精度に測定

  • 高速測定で他成分の干渉の影響を受けることがない
  • 周囲環境(圧力/温度/共存ガス)が変動しても干渉を受けず、高精度測定が可能
  • 直接挿入が高速応答を実現
  • 測定ガスが微量でも高精度測定
コンパクト設計で直接ダクトに片側からのみ取付

使いやすい操作性で煩わしさを低減

  • 10言語表示対応で直観的なタッチスクリーンのHMIを採用
    (日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ハンガリー語、韓国語、中国語)
    → HMIに関する詳細はこちら
10言語表示対応で直観的なタッチスクリーンのHMIを採用

フローセルタイプでプロセスサイズの問題を解決

  • プロセスサイズなどによりTDLS8000やTDLS8100を設置・挿入できなかったアプリケーションでも、TDLS8100のプローブ部分をフローセルに置き換えることによりサンプリングシステムを構築することができるようになります。
    詳細につきましてはご相談ください。
TDLS フローセル

 

システム構成

標準システム構成

  • HART通信によりFieldMateと接続可能

標準システム構成

  • ミニディスプレイ

ミニディスプレイ

リモートHMIによるシステム構成

  • 最大4台の分析計と接続可能
  • TDLS8000との混成も可能

リモートHMIによるシステム構成

測定ガス

  • O2、CO、COまたはCH4
  • 近赤外線領域に吸収を持つガス濃度

 

構造特長

かんたん設置で設置コスト削減

取り合いフランジは片側のみ

  • メンテナンス用足場も片側のみ
  • 発光/受光専用ケーブルの渡り配線が不要

取り合いフランジは片側のみ

既設分析計からのリプレースが容易

  • ジルコニアやその他直接挿入式分析計からかんたんリプレース
  • ガスサンプリング装置はサンプリングプローブを置き換えるだけ
  • フィルター、ポンプダイアフラム等の消耗品なし

既設分析計からのリプレースが容易

長期安定測定

  • レーザ光軸や光路長を長期安定させるよう光学・流体・熱・振動設計されたプローブ

長期安定測定

 

光調整不要

  • 発光側/受光側がないため、光軸合わせは不要

光調整不要

 

堅牢で安定した測定を実現

振動に強い

  • 振動中でも、様々な対策によりレーザ受光を可能にし、安定した測定を実現

振動に強い

 

機能特長

高精度を実現するスペクトラム面積法

従来の波長変調法(2f法)は吸収ピークの形状およびピークの高さが干渉ガスにより影響を受けます。横河電機独自のスペクトル面積法は、他ガスの干渉の影響をほとんど受けず、また、温度・圧力補正による高精度測定が可能です。

各共存ガス中のO2(10%)スペクトル例

 

高信頼性

リファレンスセルで低濃度も安定測定
リファレンスセルの採用により、常に測定ガスのスペクトルを正確に検知し、微量計測においても高信頼で測定することができます。 他製品で0%と表示されるような低濃度でも安定して測定できます。

プロセス監視

プロセス監視イメージ

各種化学プロセスにおいては、爆発防止の安全監視などの高速オンラインモニタリングが必要となります。
プローブ形レーザガス分析計によるプロセスガスの酸素測定は、正確かつ高速なモニタリングを簡単な設置で実現します。

 
 
 

燃焼制御

アンモニア 脱硝プロセス イメージ

加熱炉・ボイラーの燃焼効率を上げるためには、燃焼排ガスの酸素濃度と一酸化炭素濃度の連続で安定した高速測定が必要です。
プローブ形レーザガス分析計は、これを簡単な設置で実現します。

 

TDLS8100 標準仕様

測定対象 O2, CO, COまたはCH4
測定方式 波長可変半導体レーザ分光方式
測定成分 最小レンジ 最大レンジ
O2 0-1% 0-25%
CO (ppm) 0-200ppm 0-10000ppm
COまたはCH4 CO 0-200ppm 0-10000ppm
CH4 0-5%
プローブ長 0.7m, 1.0m, 1.5m, 2.0m
光路長 1m
アナログ出力信号 2点、4〜20mA DC(絶縁出力、最大負荷550Ω)
出力タイプ:ガス濃度、透過率ほか
デジタル通信 HART、イーサネット
接点出力信号 2点、定格24V DC、1A
DO   : 機能;Warning/校正/バリデーション/暖機/メンテナンス
Fault: 機能;Fault状態またはシステム電源がオフの場合に作動
電源 24V DC ±10%
保護等級 IP66/NEMA 4X
測定ガス条件 測定ガス温度:600℃以下
測定ガス圧力:90~500kPa abs.
測定ガス流速:1~30m/sec
設置環境 周囲温度: -20~+55℃
保管温度: -30~+70℃
湿度  : 0〜95%RH(40℃、結露しないこと)

 

特性

測定ガス 繰り返し性 直線性
O2 読み値の± 1%または± 0.01% O2の値の大きい方 フルスケールの± 1%
CO (ppm) 読み値の± 2%または± 1ppm COの値の大きい方 フルスケールの± 1%
CO または CH4 CO 読み値の± 2%または± 1ppm COの値の大きい方 フルスケールの± 2%
CH4 読み値の± 4%または± 0.02% CH4の値の大きい方 フルスケールの± 4%

測定条件:測定ガス温度;25℃、測定ガス圧力;0.1MPa abs.、光路長;1m

YH8000 HMIユニット

YH8000 HMIユニット

YH8000 は、波長可変半導体レーザガス分析計TDLS8000とTDLS8100専用のHMI です。

  • 使いやすいタッチスクリーン、7.5 インチTFTカラーLCDパネル を装備
  • 直感的な操作を実現
  • メンテナンス情報の表示、アラームの状態や記録の表示、およびTDLS8000/TDLS8100 のすべてのパラメータを設定
  • TDLS8000/TDLS8100 に直接取り付けることも、離れた場所に設置することも可能
  • イーサネット接続で、YH8000 を最大4 台のTDLS8000/TDLS8100 にハブ経由で同時に接続できます。
  • 日本防爆対応
  • 10言語表示対応:
    英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ハンガリー語、韓国語、中国語、日本語
  • トレンド機能を搭載し、表示機能を向上

仕様

表示部 タッチスクリーン 7.5インチ TFTカラーLCDパネル、640 x 480 (VGA)
通信 イーサネット:RJ-45コネクタ、通信速度;100 Mbps
ケースの保護等級 IP65、NEMA Type 4X
質量 4 kg
取付け チルト機能、パイプ取付け、またはパネル取付けによる分析計への取付け(前面、左側、右側)
ケーブル引込口 1/2NPTまたはM20 x 2
設置環境 周囲温度;-20~55°C
保管温度 -30~70°C
湿度;10~90%RH(40°C、結露しないこと)
電源仕様 24 V DC ±10%
危険場所の分類 Division 2, Zone2:ノンインセンディブ/タイプ n;FM(US、Canada), ATEX, IECEx、KOSHA, NEPSI, 日本防爆(Japan Ex)

*詳細は仕様書(GS)をご参照ください。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ