OpreX Operation and Maintenance Improvement

お客様の操業と保全業務において、生産性を向上させる改善点を特定し、持続的な改善活動をサポートします。

  • なぜ計測・制御・情報システムの有効性比較分析が重要なのでしょうか?

    導入済み計測・制御・情報システムの有効性を、過去、自社内同一システム間、あるいは同一業界内で定期的に比較分析(ベンチマーク)することによって、有効性が維持できているかどうか、改善すべき点が無いかどうかを定量的に確認できます。YOKOGAWAの有効性比較分析サービスは、お客様が導入された計測・制御・情報システムの有効性Indexを、以下の4つのエリアごとに収集・計算し、ベンチマークレポートとして提出する情報提供サービスです。

    • 安全(独立防護層2-4層の性能、アラーム、HMI、変更管理など)
    • 生産(測定精度、制御性、運転効率、生産精度)
    • 設備(機能、性能)
    • 保全(信頼性、可用性、保守性、整合性、機密性)
  • なぜアラームの合理化が重要なのでしょうか?
    プラントオペレーションがより高度化・複雑化する中で、安全安定操業のためのアラームシステムの重要性が益々高まってきています。もし、アラームシステムの有効性が下がりアラームの洪水が起こるようになると、重要アラームの見落としや誤判断から、プラント災害や生産ロスを引き起こすリスクが高まるため、細心の注意が必要です。アラーム合理化サービスは、お客様のアラームシステムの有効性を改善するためのサービスです。

  • モバイル端末を活用し、遠隔地から現場をサポートできます。直観的な操作で、ビデオ通話やAR(拡張現実)技術による視覚的な情報伝達、画像や文章の送信による情報共有が可能です。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ