有効性比較分析サービス

なぜ計測・制御・情報システムの有効性比較分析が重要なのでしょうか?

導入済み計測・制御・情報システムの有効性を、過去、自社内同一システム間、あるいは同一業界内で定期的に比較分析(ベンチマーク)することによって、有効性が維持できているかどうか、改善すべき点が無いかどうかを定量的に確認できます。YOKOGAWAの有効性比較分析サービスは、お客様が導入された計測・制御・情報システムの有効性Indexを、以下の4つのエリアごとに収集・計算し、ベンチマークレポートとして提出する情報提供サービスです。

  • 安全(独立防護層2-4層の性能、アラーム、HMI、変更管理など)
  • 生産(測定精度、制御性、運転効率、生産精度)
  • 設備(機能、性能)
  • 保全(信頼性、可用性、保守性、整合性、機密性)
有効性比較分析の重要性とは

 

本サービスの利点は?

  • サービス期間中、有効性Indexの元データ自動収集、自動計算するソフトウエアをお客様に貸し出します。これにより、お客様を面倒なデータ収集・Index計算作業から開放します。
  • 世界中にある20,000システムを超える豊富なシステムインストールベースに基づいたベンチマークレポートを提供します。
  • 豊富な種類の課題解決サービスを別途用意しています。
  • 画面切り替え頻度や、ステーション単位の稼働率など、システムサプライヤならではのユニークな有効性Indexをご用意しています。
  • 有効性Indexは、お客様のご要望に応じて定期的に改定・追加します。
有効性比較分析サービスの利点

 

有効性インデックスの一例 (プロセス制御システム)

カテゴリ Index例 課題解決サービス™
アラーム
  • アラーム数
  • 繰り返しアラーム数
  • 長期継続アラーム数
  • 確認操作無しで復帰したアラーム数
  • アラーム設定値変更回数
  • アラーム発報抑制回数
  • 迷惑アラームの削減サービス
  • EEMUA #191 に基づいたアラームシステムの設計サービス
  • 運転状態に応じたアラーム管理サービス
HMI
  • 画面呼出回数(グラフィック、トレンドなど)
  • 運転員あたりの担当制御ループ数
  • 操作パネルの再エンジニアリング
    例 DCS のグラフィックパネル
  • 計器室デザインサービス
制御
  • PID 制御ループのAUT 率
  • PID 制御ループで偏差アラーム無しの時間率
  • 手動介入操作数(制御設定値変更など)
  • PID ループの制御性改善サービス
  • 手動運転の標準化・自動化サービス
RASIS(レイシス)


Reliability:信頼性

Availability:可用性

Serviceability:保守性

Integrity:完全性

Security:機密性

  • 信頼性:平均システム故障間隔
  • 可用性:システム稼働率
  • 保守性:平均システム修復時間
  • 完全性:制御バス負荷
  • 機密性:未承認ユーザのログオン回数、不明アクセス数
  • 洗浄、修理、交換サービス
  • PC リフレッシュ、ソフトウエア更新サービス
  • 予備品管理サービス
  • データバックアップサービス
  • セキュリティアップデートサービス

EEMUA    :Engineering Equipment and Materials Users Association の略。
 欧州系企業が中心となって作成されたアラームシステムの設計・管理・調達に関するガイドライン。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ