EJX530L 圧力伝送器

EJX L シリーズ差圧・圧力伝送器は、レベル・圧力・流量に対応した値を無線信号に変換して伝送します。有線式同様、単結晶シリコン振動式センサ(シリコンレゾナントセンサ)の搭載により、高信頼性・マルチセンシングを提供します。通信仕様はISA100.11a*1 に適合しています。
アンテナ着脱式のモデルを選択いただくことで、アンテナ延長ケーブルや高利得アンテナ*2がお使いいただけます。また、同モデルは消費電力の低減により電池寿命が長くなっています。

詳細仕様につきましては、一般仕様書をご参照ください。

無線仕様 通信プロトコル ISA100.11a *1(IEEE802.15.4)に適合
周波数帯域 2400 - 2483.5 MHz
通信速度 250 kbps
出力電力 最大 11.6 dBm(固定)
無線セキュリティ AES 128 bit 暗号化
アンテナ +2 dBi 無指向性アンテナ
但し、アンテナ着脱式のモデル(アンプケースコード8または9)を選択いただくことで、アンテナ延長ケーブルや高利得アンテナ*2がお使いいただけます。
性能仕様 精度 ±0.1%
更新周期 0.5秒 ~ 60分 の範囲で設定

長期安定性
(ゼロ点)

±0.1% / 1年
機能仕様 バッテリー 大容量リチウム電池(サイズ D × 2)
本安防爆区域でのバッテリー交換可能

電池特性
以下の条件において一般的に 10年間(更新周期 30秒)
あるいは 5年間(更新周期 10秒)動作 *3
アンテナ着脱式のモデル(アンプケースコード8または9)
デバイス割付け:IOモード
周囲温度:23±2℃
LCD表示:OFF
外部電源駆動 定格電圧:10.5 ~ 30 V DC
定格電流:36 mA
保護等級 IP66/IP67, NEMA4X
周囲温度 −40 ~ 85℃
−30 ~ 80℃(内蔵指示計可視範囲)
認証

防爆構造

TIIS 本質安全防爆
ATEX, FM, CSA, IECEx本質安全防爆形
EMC 適合規格 EEN61326-1 Class A, Table 2(産業用途),EN61326-2-3
無線モジュール適合規格 本製品には,電波法に基づく技術基準適合証明を受けた特定無線設備(認可番号:007WWCUL0480)を用いています。
一般安全
適合規格
EN61010-1, EN61010-2-030

*1:国際計測制御学会(ISA: International Society of Automation)のインダストリアルオートメーション用無線通信規格ISA100.11a
*2:電波法により利用可能なアンテナの種類が制限されます。
*3:電池寿命は振動などの環境条件により変わります。

アプリケーションノート
概要:

要件

お客様には、新しい環境法に適合するためパイプラインの漏出を遠隔検知する必要がありました。しかし配線のための掘削作業は、環境保護のために厳しく制限されています。

要件

 

利点

  • オイル漏出を監視して安全性を改善します。
  • 土壌汚染を避け、環境負荷を減らします。
  • 法を守ることで企業イメージをアップします。

 

課題

  • 規制によって、掘削作業が厳しく制限されています。
  • 中継器なしで最長2kmをカバーする長距離通信が求められます。

 

ソリューション

ワイヤレス圧力伝送器とワイヤレス温度伝送器が導入されました。当社のプラントワイド・フィールド無線システムをベースに、高利得アンテナを用いた大規模なスター型ネットワークが構築されました。機器リスト EJX530L(ワイヤレス圧力伝送器)×33 YTA510(ワイヤレス温度伝送器)×17 YFGW710(フィールド無線一体形ゲートウェイ)×10 高利得アンテナ(6 dBi、9 dBi)リモートアンテナケーブル(3m、13m)

 

まとめ

お客様は、オイル漏出を監視し環境負荷を削減することによって、新しい法律に適合することができました。オイル漏出を遠隔監視することによって、設備と作業員の安全性が向上しました。土壌汚染の危険が減りました。環境面でのコンプライアンスが改善したため、お客様企業の評価が向上しました。このアプリケーションは、長距離通信が可能な当社のプラントワイド・フィールド無線システムにより実現しました。EJXシリーズワイヤレス圧力伝送器

EJX圧力伝送器
EJX series Wireless Pressure Transmitter

アプリケーションノート
概要:

概要

チューブレスタイヤの空気漏れをモニターする圧力測定は、タイヤ製造ラインにおける重要な性能試験の 1つです。各種試験のためにタイヤをラック間で移動させたり、試験条件を変えるため試験装置を頻繁に移動させたりする必要があるため、取り扱いやすいようケーブルを使わない方法が求められます。

 

利点

  • 保守作業の削減:信号ケーブルや電源ケーブルを使用しないため、ケーブル損傷の恐れもありません。
  • 性能の向上:圧力をオンラインで連続測定し、データを自動記録します。
  • OPEXを削減:圧力伝送器の消費電力が小さいため、バッテリー寿命は18カ月を超えます。バッテリーは市販のものが使えます。
  • 柔軟な運用:ワイヤレス機能を備えた高精度測定センサを用いるので、ケーブルを使わない運用が実現されます。

 

要件

さまざまな条件のもとでの試験のため装置を移動できるよう、圧力測定には一般にオフラインゲージが用いられます。しかし、オフラインゲージでの測定精度が充分ではないため、有線伝送器が用いられました。ただし、すべての試験エリアをカバーできるよう十分な配線が必要となります。試験中の測定データは手動で記録し、トラッキング(追跡)できるよう維持されています。製造されたタイヤの品質と性能を維持するのに重要な課題は、試験装置を自由に移動できるようケーブルを必要としない運用方法を確立すること、空気漏れをモニターする高精度の測定が行えること、記録を集中管理することでした。

 

ソリューション

高精度センシングを誇る当社独自のデジタル検知技術DPharpと産業界で実績がある高信頼無線通信のためのIEC62734 ISA100.11a無線プロトコルとを組み合わせることによって、エンドツーエンドの無線ディジタルセンシングを実現させることができます。ワイヤレス圧力伝送器を用いれば、さまざまな条件のもとでの試験のために装置を簡単に移動することができ、やっかいな配線作業は必要ありません。バッテリーで駆動するため電源用の配線も不要です。管理ステーションとアクセスポイントがゲートウェイインフラを構成し、ここから出力されたデータが当社のペーパレス記録計に接続されます。データの記録設備を集約するとともに、データの記録も自動的に行うことができます。

  • 高信頼:継続的な信号可用性
  • 高精度:高信頼の測定用デジタルセンサ
  • 使いやすさ:試験装置の移動が自由

 

機器リスト

EJX530L× 8

DX1000× 1

YFGW510× 1

YFGW410× 1

システム構成イメージ

 

まとめ

  • 当社のワイヤレス圧力伝送器によって、ケーブルを必要としない高精度測定が可能になり、アプリケーション要件の重要な課題を克服することができました。
  • Modbus入力を備えたペーパレス記録計によって、データ記録が向上しました。作業員の手を煩わせることなく、データは自動的・連続的に記録されます。
  • ISA100対応のゲートウェイインフラはスケーラブルであり、ネットワークを拡張することができます。無線伝送器を最大500台まで収容可能です。

当社は、一世紀にわたり高信頼でスケーラブルなオープン技術を提供してきました。ISA100 Wirelessソリューションは、お客様の所有費用を削減し投資収益率を最大限にすることで、インダストリアルオートメーション産業の課題解決に対応しています。

業種:

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ