パラメータ設定ソフトウェア LL50A

パラメータ設定ソフトウェア LL50Aは、UTAdvancedディジタル指示調節計のパラメータやラダープログラム等をパソコンから作成・設定するためのソフトウェアです。
調節計と通信させながらチューニングやラダープログラムのモニタリングが可能です。

  • 多彩な接続方法
  • パラメータ設定機能
  • チューニング機能
  • ラダープログラム作成機能
  • ネットワークプロファイル作成機能

主な機能

パラメータ設定機能

パラメータ設定ソフトウェア LL50Aを利用することで、パラメータの設定はもとよりデータ管理が簡単に行えます。また、お客様にて設定したパラメータをUTAdvancedへの初期設定登録が行えます。(初期化作業は計器前面キーからでも実施可能です。)

チューニング機能

UTAdvancedのPID値を最適化する際に使用すると便利です。PID値の修正はもとより目標設定値(SP)の変更、自動/手動などのモード切替も行えます。画面上でSP/PV/OUT値をモニタしながら実行できますので、安心してチューニング作業が行えます。

ラダープログラム作成機能

ラダーシーケンスプログラムを作成し、動作をモニタすることも可能です。

ネットワークプロファイル作成機能

CC-Link、PROFIBUS-DP、DeviceNet通信用のデバイス・データ・シートを作成することができます。

多彩な接続方法

専用USBケーブルでの接続

専用USBケーブルでの接続

パソコンからのUSBバスパワーの利用で、調節計への電源がない状況でパラメータ設定が可能です。

Ethernet 通信経由での接続

Ethernet 通信経由での接続

光通信アダプタ(ライトローダ)での接続

光通信アダプタ(ライトローダ)での接続

制御盤に取り付けた状態でパラメータ設定が可能です。(調節計へ電源供給が必要です。)

  • 接続可能な機器:UT55A/UT52A、UT35A/UT32A
  • 対象OS:Windows XP/Vista
  • 通信方式:USB1.1

RS-485 通信経由での接続

RS-485 通信経由での接続

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品の改正 RoHS 指令(2011/65/EU)対応一覧

レコーダ・コントローラ製品のRoHS 指令(2011/65/EU)対応の一覧を示します。

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品のNLF対応一覧

レコーダ・コントローラ製品の NLF 対応の一覧を示します。

アプリケーションノート
概要:

ディジタル指示調節計によるCP演算(カーボンポテンシャル演算)制御例をご紹介

アプリケーションノート
概要:

ディジタル指示調節計UT55Aにより、複数の空調用ファンを起動制御する事例

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ