日本IR協議会の「IR優良企業特別賞」を受賞

2019年11月14日発表

 横河電機株式会社は、一般社団法人日本IR協議会が主催するIR優良企業賞2019において「IR優良企業特別賞」を受賞しました。同賞を受賞するのは当社としては初めてです。

 IR優良企業賞(審査委員長:北川哲雄 青山学院大学名誉教授 首都大学東京特任教授)は、日本IR協議会が、IR(Investor Relations)の趣旨を深く理解し、積極的に取り組み、市場関係者の高い支持を得るなど優れた成果を上げた企業を表彰することを目的としており、今年で24回目を迎えます。今回は315社の応募があり、「IR優良企業大賞」1社、「IR優良企業賞」7社、「IR優良企業特別賞」4社、「IR優良企業奨励賞」2社の計14社が選定されました。

 当社が「IR優良企業特別賞」に選定された理由は、以下のとおりです。
 「経営トップが投資家との対話を重視し、情報開示を推進している。中長期視点の投資家に資するため、理念に基づく事業戦略を説明したり、同業他社状況の説明を伴って業界での位置付けについて理解を促したりといった取り組みに評価が高い。課題を踏まえた中長期視点でのESG対応の進展も注目されている。事業拠点のある地域の住民との交流に意欲的で、各地の証券会社支店で説明会を開催。その地域密着型の個人向けIRには定評がある。」

 当社は今後も、株主および投資家の方々をはじめとするステークホルダーとの信頼関係の維持、発展に向けて、当社に関する重要な情報をわかりやすく正確に、適時かつ適切に開示し、経営の透明性を高め、当社についての理解を深めていただくよう努めてまいります。

 詳細は、日本IR協議会のウェブサイトをご参照ください。 https://www.jira.or.jp/

IR優良企業特別賞

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

トップ