アルゼンチン国営石油会社向けに圧力伝送器1,350台を受注 ~石油・天然ガスの開発・生産工程(アップストリーム工程)の生産性向上に貢献~

2019年8月2日発表

 当社の子会社であるヨコガワ・アメリカ・ド・スル(本社:ブラジル サンパウロ 社長:吉川 光)のアルゼンチン支店は、アルゼンチン国営石油会社Yacimientos Petroliferos Fiscales(ヤシミエントス・ペトロリフェロス・フィスカレス、以下YPF)から、OpreX™ Field Instrumentsのラインアップである圧力伝送器DPharp EJAシリーズを1,350台受注しました。これは、南米の原油・天然ガス開発・生産工程(アップストリーム工程)向け伝送器の受注台数としては過去最高です。

 アルゼンチンのシェールガスとシェールオイルの可採埋蔵量は、ともに世界屈指の規模を誇ります。YPFは、石油・天然ガスを増産するために、2024年までの5年間で、同国内各地に所有する全ての井戸1万7,700本の設備を近代化する計画を推進しています。この計画により、設備の自動化は現状の約60%から100%まで拡大する見込みです。ヨコガワ・アメリカ・ド・スルは、この設備近代化計画において、圧力伝送器に関してYPFと包括契約を締結しており、今回の圧力伝送器の受注は、この包括契約(Framework Agreement)に基づいた初めての受注となります。
 YOKOGAWAは、フィールド機器に加え、設備を制御するプログラマブルコントローラ(PLC)に関してもそれぞれ包括契約を締結しています。今後もこれらの包括契約に基づき、操業効率の向上と安全操業に貢献する機器・システムを提供してまいります。

 YOKOGAWAは、今回の受注を機に、石油・天然ガスの開発・生産工程(アップストリーム工程)を含むエネルギー産業で、生産性向上を追求するソリューションをお客様に提案してまいります。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

関連ページ

関連製品&ソリューション

PLC計装システム

高信頼の二重化システムからタッチオペレーションパネルを用いた現場での操作監視まで、お客様の用途や規模に合わせて各種PLC計装システムをご選択いただけます。

差圧・圧力伝送器

独自で開発・設計した単結晶シリコン振動式センサを搭載しており、小形軽量化、高機能化を実現した次世代インテリジェント差圧・圧力伝送器です。差圧と静圧が同時に測定できるマルチセンシング機能もラインアップしています。

トップ