マレーシアにおける水運用・無収水マネージメント能力向上プロジェクトに参画

2017年7月20日発表

 7月4日、横河ソリューションサービス株式会社と東京水道サービス株式会社(TSS)の共同事業体(JV)は、JICA草の根技術協力事業「マレーシアにおけるSCADA※1を活用した水運用・無収水(NRW)※2マネージメント能力向上プロジェクト」に参画しました。

 このプロジェクトは、マレーシアのサバ州沖合のラブアン島の送配水網におけるNRW率を低減するために、東京都水道局の事業提案に基づき、監理団体であるTSS、独立行政法人国際協力機構(JICA)、およびマレーシアのエネルギー・環境技術・水省(KeTTHA)が、進めるものです。事業財源としては、ODAが活用されます。
 横河ソリューションサービスは、TSSと共同で実施する現地調査に基づき、SCADAシステムをベースにNRWマネージメントシステムを構築し、システムが収集したデータを解析してNRW率改善ソリューションを提案します。さらに、水道局職員に対し、システム使用方法の訓練を行います。TSSは、同島に専門家を派遣してSCADAシステムを活用した水運用・NRWマネージメントに関する技術指導に加え、水道職員を東京に招待して、TSSが有する無収水対策・水道技術・施工管理・品質管理に関する研修を実施します。

 横河ソリューションサービスをはじめとするYOKOGAWAグループは、日本の上下水道分野での豊富な実績とノウハウを活かして、マレーシアをはじめとする新興国の水環境の改善に貢献していきます。

※1 SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition):監視、制御を行うシステムの1種
※2 無収水(Non-Revenue Water:NRW):配水管からの漏水や違法な使用による盗水などのために料金徴収につながらない水

以上

関連業種

トップ