社会的責任投資(SRI)指標の「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」と「MSCI日本株女性活躍指数」に選定

2017年7月19日発表

 横河電機株式会社は、社会的責任投資(SRI)の株価指標としてMSCI Inc.(エムエスシーアイ)が新たに開発した「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」と「MSCI日本株女性活躍指数」に選定されました。MSCIは世界の機関投資家に対して投資の意思決定を支援するさまざまなツールを提供するリーディングカンパニーです。
 「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」は、日本株の時価総額上位500銘柄の中からESG(環境、社会、企業統治)の格付けが相対的に高い銘柄で構成される指標で、6月時点で251社が選定されています。「MSCI日本株女性活躍指数」は、同じく日本株の時価総額上位500銘柄の中から、性別多様性に優れた銘柄で構成される指標で、6月時点で212社が選定されています。性別多様性に優れた企業は、少子高齢化による将来の労働力不足という社会のリスクの低減に貢献でき、収益持続性も高いとされています。
 当社は中期経営計画「Transformation 2017」の人財戦略に基づき、新たな価値創造を含めたビジネス競争力強化を目的に、女性社員の活躍を推進する施策を展開しています。2016年7月には、厚生労働大臣から女性の活躍推進に関する状況が優良な企業として、認定マーク「えるぼし」の最高位の認定を取得しました。今後も多様な社員が活躍できる環境を実現するとともに、持続可能な社会の実現に向け、社会のさまざまな課題の解決に貢献してまいります。

以上

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

MSCI日本株女性活躍指数

関連ページ

トップ