制御システムに関するサイバーセキュリティ確保に向けた活動でJPCERT/CCから感謝状を受領

2015年8月20日発表

 8月19日、制御システムに関するサイバーセキュリティ確保に向けた当社の活動が、日本におけるサイバーセキュリティ対策の推進に顕著な貢献をしたと評価され、JPCERTコーディネーションセンター(ジェイピーサート:JPCERT/CC)から感謝状を受領しました。

 制御システムは、石油化学プラントや重要インフラである電力、ガスのプラントなどで用いられています。近年は、制御システムへの情報技術の活用が進み、情報システムと同様にサイバーセキュリティ対策の必要性が高まっています。セキュリティレベルを高めるには、マルウエアなどの脅威に対する弱点である脆弱性の面からも対策を行う必要があります。YOKOGAWAは、組織を横断したワーキンググループYokogawa PSIRT(ピーサート:Product Security Incident Response Team)を中心に、脆弱性に関する情報の収集と解析を行うとともにその脅威への対策を立て、YOKOGAWA製品をご使用のお客様に対して正確かつ迅速に情報提供する活動に取り組んでいます。

 今回当社は、制御システムの脆弱性に関する数々の課題に積極的に取り組み、そのあり方を体現してきたことが業界の模範となると評価されました。また、JPCERT/CCによる脆弱性情報の収集・公開活動に協力したことも評価され、感謝状を授与されました。

 YOKOGAWAは、セキュリティレベルの高い機器やシステムの開発、提供、さらにはその運用のサポートに至るまで、お客様の制御システムに対するセキュリティソリューションの提供を通して、制御システムのサイバーセキュリティ対策に関する施策を多角的に展開し、プラントの安全操業に貢献します。

※ JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)
JPCERT/CCは、インターネットを介して発生する侵入やサービス妨害等のコンピュータセキュリティインシデントについて、日本国内のサイトに関する報告の受付、対応の支援、発生状況の把握、手口の分析、再発防止のための対策の検討や助言などを、技術的な立場から行っている一般社団法人です。2014年、サイバーセキュリティ対策に顕著な貢献があった個人・団体に対し、感謝状を贈呈する制度を設け、本年は当社を含め2社に感謝状を贈呈しました。

以上

関連製品&ソリューション

セキュリティソリューション

YOKOGAWAは、お客様のセキュリティリスクを最小限に抑え、企業価値を最大限に引き出すためのベストパートナーです。

セキュリティ対策サービス

さまざまなセキュリティの脅威からプラントや工場を守り、安定・安全に操業するためには、適切なセキュリティ対策で、セキュリティリスクをコントロールする必要があります。

トップ